本家「孔雀の実家」インターナショナル Menu

孔雀王連載開始35周年原画展示会、追加開催のお知らせ(2020/11/19)

  • 「墓場の画廊」中野本店様にて開催されていた、孔雀王連載開始35周年原画展示会【孔雀王<臨・兵・闘・者・皆・陣・烈・在・展>】は、11月10日におかげさまで好評のうち終了致しました。
    連載当時の原画をご覧頂く機会はなかなか無いので、当時を懐かしく思い出して下さった方も多いようです。旭川や神戸など遠方からお越しいただいた方もおり、ご来場頂いた皆様には心より感謝申し上げます。 また、今回このような機会を企画して頂いた墓場の画廊様にも篤くお礼申し上げます。

    そしてこの度、「ジャングル大阪」日本橋店様にて12月1日から引き続き展示会を行って頂く事となりました。
    複製原画、パネル等の展示はもちろんのことグッズ販売も行う予定です。詳細は後日おって告知させて頂きます。関西地方の皆様、コロナ禍で大変な時期ではございますが、健康、安全にご留意の上こぞってご来場いただければと思います。
    また11月16日から、墓場の画廊様オンラインストアにてグッズの二次販売を行っております。買いそびれた方、いやいや初めて知ったよという方、この状況下ではちょっと…という方にはもってこいでございます。 ぜひご利用くださいませ。

    ジャングル大阪 日本橋店

    墓場の画廊 オンラインストア

孔雀王連載開始35周年原画展示会【孔雀王<臨・兵・闘・者・皆・陣・烈・在・展>】開催のお知らせ(2020/10/22)

  • 孔雀王連載開始35周年原画展示会【孔雀王<臨・兵・闘・者・皆・陣・烈・在・展>】
  • 本日2020年10月22日より、孔雀王連載35周年と複製原画集の発売を記念して初の原画展とオリジナルグッズ販売を行う【孔雀王<臨・兵・闘・者・皆・陣・烈・在・展>】が開催となります。…続きを読む

孔雀王-戦国転生-リミックス版発売情報(2020/9/30)

  • 孔雀王-戦国転生-リミック1巻表紙です。
  • 孔雀王-戦国転生-リミックス2巻表紙です。
  • この度9月30日より、リイド社SPコミックス SPポケットワイドにて「リミックス版孔雀王 戦国転生 上・下」が発売となっております。
    収録内容は1巻から5巻最終話までとなっており、お求めになりやすい価格で戦国に転生した孔雀の旅路を追うことができます。
    織田信長・豊臣秀吉といった戦国武将ら「呪」に染まり、侵された姿で登場する我々の知らない戦国時代を荻野が描いた戦国奇譚です。本作を未読の方は是非、お手にとってご覧いただければと思います。 本書籍は全国のコンビニエンスストアでお買い求めいただけます。
    なお、お取り扱いの店舗情報などは当ホームページではご案内することはできませんので、予めご了承下さい。

孔雀王「漫画原稿再生叢書」発売情報(2020/8/31)

  • この度複刊ドットコム様より、「漫画原稿再生叢書」シリーズの第7弾として、荻野真の孔雀王シリーズの複製原画集を発売することになりました。
    収録内容としては、孔雀王初期シリーズの最終局面より「金剛界四印会」「終焉」「光と闇と」の3話、及びカラー原稿を含めた70ページを収録しております。
    雑誌上では分からない原画の修正箇所や、当時の作画作業の様子が分かる物となっており、単行本や雑誌とはまた違った味わい深さや原稿そのままのサイズで収録した迫力ある仕上がりになっております。実際にお手にとってご覧頂くと楽しみな豪華な一冊となっています。
    10/22の発売を予定しており、下記の複刊ドットコム様の販売サイト他、各書店販売サイト様よりお買い求めいただけます。数量限定で本作品で使用された独鈷杵のレプリカが付属する限定版も販売されておりますので、是非、手にとっていただければと思います。
    宜しくお願いいたします。

    孔雀王「漫画原稿再生叢書」限定版

    孔雀王「漫画原稿再生叢書」通常版

荻野真全作品

荻野真公式HP「孔雀の実家」をご覧の皆様へ(2020/4/17)

  • 荻野真が亡くなり、早や一年が経とうとしております。
    読者の皆様におかれましては、作品をご購読いただき厚く御礼申し上げます。
    この度、初めて「孔雀王」のLINEスタンプを製作致しました。LINEスタンプショップにて販売中です。

    孔雀王 ゆる印章伝

    今後、何らかの形で作品を発表していきたいと思っておりますので、楽しみの一つとしてお待ち頂ければ幸いです。
    新型コロナウイルスにより生活が制限される日々が続いておりますが、皆様どうぞご自愛くださいませ。
    令和2年 4月吉日

孔雀王-ライジング-、孔雀王-戦国転生-最新刊同時発売ののお知らせ(2019/7/30)

荻野真のホームページをご覧になって下さっている方々へ(2019/05/15)

  • 荻野真の作品をご覧になって下さっている皆様。初めまして、荻野真の息子でございます。
    先日集英社様、小学館様、リイド社様で発表して頂きましたが、父の荻野真が2019年4月29日の0:45分に腎不全のため永眠致しました。
    葬儀は5月8日に親族、及び関係者の方々のみで執り行いました。
    会社や家族の都合のため各出版社様に先行して発表して頂きました。遅くなってしまいましたが、父のホームページでも改めてご報告申し上げます。
    父は昨年の9月から入退院を繰り返す様になってしまい、今年に入ってからは4月29日までの間に5日しか家に帰宅できない状態でした。そのような体調の中今年の1月から父と私とアシスタントの皆様、担当編集者の方々で相談し、入院中に連載中の漫画を全て完結させる事を決定致しました。
    その後は病院の中でできる限りの仕事をやり続け、孔雀王ライジング・戦国転生の両作品の最終回の完成に至ることができました。病室でインクを使うことは難しいのでペン入れはスタッフで行わせて頂きましたが、ネーム・及び下描き作業は全て父の手で行っております。下描きの時点で大変完成度の高いものであったため、最後の作品も正真正銘父の作品であると胸を張って発表させて頂きます。
    4月に入り連載作品が一区切りついた頃でも、父は次の作品のことを考えておりました。重度の多臓器不全により肝臓や腎臓がだんだんと衰えてしまう中、自身の体調のことで弱気になるよりも物語作りに熱意を燃やし続けていたので、父らしい人生を最期まで過ごせたのかなと感じております。
    小学館様、リイド社様で発表して頂いた通り、父が描き上げた最終回2本を収録した雑誌・単行本をそれぞれ6月・7月の下旬に発行させて頂きます。詳細は後日各出版社様とこちらのホームページで発表させて頂きますのでご確認下さい。どちらも父が思いを込めて描いた作品ですので、是非ともお手に取って頂ければ幸いです。
    父のホームページは、発表の場として残させて頂こうと考えております。過去作品のご連絡や、父が遺してくれたアイディアをなんらかの形で発表できればと考えております。
    最後になりますが、荻野真の作品を楽しんで頂いた読者の皆様。また、作品の発表にあたりご協力頂いたアシスタントの皆様・出版社や関係者の皆様に、父に代わりまして厚くお礼申し上げます。
    今まで本当にありがとうございました。これからも、父、荻野真の作品をご愛読頂ければ幸いです。
    荻野真の息子
表示モード:スマートフォンスマートフォン | PCPC