キャプチャの仕方〜Win(1)  


Windowsでキャプチャを撮る場合、大抵の機種には“PrintScreen”というキー及び、ペイントというソフトが予め用意されているものと思われるので、ここではそれを用いたキャプチャ方法について説明したいと思います(該当しない機種に関してはここでは説明出来ません。悪しからず。)

まず、「今、撮りたい」と思うその瞬間に“PrintScreen”キーを押します(“PrintScreen”キーは通常、キーボードの一番上の並びの右の方、矢印キー「↑」「↓」「←」「→」等がある辺りの上の方にあります)。
すると、表からはわかりませんが、“PrintScreen”を押した瞬間の画像が“Clip Board”という場所に一時保管されます。注意しなくてはいけない点は、この方法の場合、いわゆる「撮り貯め」が効かないので、“PrintScreen”を押す度に保管される画像が更新されてしまうということです。つまり、「良いタイミングで撮れた」と思っても、ついうっかりもう1回“PrintScreen”を押したりすると、その「良いタイミング…」のものが消されてしまうので、すぐに次の手順に移りましょう。



PC画面左下の「スタート」ボタンをマウスカーソルでクリックします。

≪次へ≫


≪『キャプチャについて』に戻る≫

≪本部室に戻る≫


(C)copyright 2001-2002 Sony Communication Network Corporation
Harbotは、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社の商標です。
Harbotに関わる著作権その他一切の知的財産権は、
ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社に属します。