動力の姫
MoMo
(Mobil-Movementess*)
モビル・ムーヴメンテス 〜「動力の姫」

05

●Haute-couture (オートクチュール)

量産を前提とした「汎用機」として設計されたMoMoは、いかなる戦時環境にも柔軟に対応できるフレキシビリティを持たせた構造となっている。

(ブラックボックスとなっているエンジンや神経系以外の部分については)簡単な出力のチューニングやオプションパーツの追加などにより、戦地での目的に応じた様々なバリエーション個体を派生させることができる。

こういったカスタムモデルの筐体は、基本素体としての「ベーシックスタイル」に対し、特別誂えという意味で「オートクチュール」と呼ばれる。

オートクチュールは、基本的にはワンメイクの「一品物」となるが、同じ仕様で複数台制作されるケースが多い。 また、活躍ぶりや特徴的な外観(カラーリング等)から人の記憶に残りやすくなるためか、個体名としてのニックネームがつけられる。

-Haute-couture (haute couture)
MoMo designed as a "main frame" on condition of mass production has structure which gave the flexibility which can respond to any war environment flexibly.
(portions other than the engine used as a black box, or a nervous system) By easy tuning of an output, addition of an option part, etc., various variation individuals according to the purpose in the battlefield are derived.
The case of such custom-made models is specially called "haute couture" in a meaning called an order to a "basic style" as a basic element assembly.
Although haute couture serves as "1 Article" of a one makeup fundamentally, it is made two or more sets by the same specification in many cases.
Moreover, probably because it becomes easy to remain in memory of people from the way of activity, or characteristic appearance (coloring etc.), nickname as an individual name is attached.



●MoMo Haute-couture (Custom-style) "The Slasher"
 「ザ・スラッシャー」〜斬爪のMoMo(ムーブメンテス)

体術による近接戦を想定されたオートクチュール。
両腕に斬切用のペリフェラルを装備、また腰部にも尾状の可変バランサーを持ち、運動性能を極限まで高める調律がなされている。

頭部は専用のデザインとなっており、通常のMoMoに見られるイヤーコーン(側頭部にある円錐形の突起物)がなく、かわりに感覚器官と思しき耳状の構造物を持つ。

Haute couture which had the close-range battle by judo assumed.
It has a variable tail-like balancer for the peripheral for cutting also in equipment and a waist at both arms, and tuning which improves kinematic performance to a limit is made.
The head serves as a design for exclusive use, does not have a year corn (projection thing of the cone in a temporal region of head) looked at by the usual MoMo, and has an ear-like structure instead considered to be a sense organ.


>Type-01 "Mygya" 〜個体名:ミギャ















>Type-02 "Tigga" 〜個体名:ティガ










*
*
*


●MoMo Haute-couture (Custom-style) "The Juggler"
 「ザ・ジャグラー」〜惑(まどわし)のMoMo

眩惑や目くらまし等、視覚的なエフェクトクラフティングを得意とするオートクチュール。
直接的な戦闘よりも、戦場を撹乱させたり、敵を挑発し自ら囮となることで友軍を逃がすなど、独特な用法を想定されている。
このモデルは派手なカラーリングが施されている筐体が多く、敵の眼を集めるための意図的なものであると考えられる。

Haute couture which makes visual effect crafting, such as dazzle, elated.
Rather than a direct battle, peculiar usages, such as carrying out disturbance of the battlefield, or provoking an enemy and missing a friendly army by becoming a lure oneself etc., are assumed.


>Type-01 "Dissy" 〜個体名:ディズィー(雛菊)





>Type-02 "Agapanthus" 〜個体名:アガパンサス(紫君子蘭)






*
*
*


●MoMo Haute-couture (Custom-style) "The Apis"
 「ザ・アピス」〜姫蜂のMoMo

広大な空間を飛び回っての砲撃戦を想定されたオートクチュールで、腰部に強力な火砲を装備している。
これは胸部のジェネレーターと直結されたバイパスを持ち、エネルギーをロスなく受け取れるレイアウトである。

The waist is equipped with powerful artillery by the haute couture which had the exchange of gunfire which flies about vast space assumed.
This is a layout which has a generator of a chest, and the bypass linked directly and can receive energy without a loss.
















*
*
*


●MoMo Haute-couture (Monstrum-style) "The Jagd"
 「ザ・ヤークト」〜狩人のMoMo(モンストラム-スタイル)

「野良のMoMo」の狩猟・回収を目的として組まれた特殊なオートクチュールと考えられるが、詳細は不明。
下腕部に装備されたペリフェラルは対象物の斬切を目的とした特殊なものであり、また下半身も四脚という独特な体型となっている。

このモデルのように、骨格にまで手を加えられ非可逆的なカスタムを施されたものは、オートクチュールの中でも特に「モンストラム-スタイル(Monstrum=異形の者)」と呼ばれる。

Unknown for details, although considered the special haute couture constructed for the purpose of hunting and recovery of "MoMo of the field."
The peripheral with which the lower arm part was equipped is a special thing aiming at cutting, and the lower half of the body also serves as a peculiar form of 4 pieces.






























+ Go to TOP +

1996-2999 Masahiro Shimamoto, ALL RIGHTS RESERVED.