更新履歴&ひとりごと
2008〜2009

2010年〜はこちらです

google、yahooなどのwebサーチでこのページにお越し下さった方へ…

■ 「因智喜旅遊」内で単語を検索するには ■
下の検索窓に検索キーワードを入れて下さい。
複数のキーワードで検索する場合は間にスペースを1つ置いて下さい。
一度検索してから他のキーワードで検索し直す場合は、必ずブラウザの「戻る」で
このページに戻ってから
検索し直して下さい。正しい結果が出ません。

因智喜旅遊サイト内検索 powered by Google


inchiki tour トップページ
 / サイトマップ




12月30日
「ウイグルたずね人編」更新
Photo Travelogue「2009ウイグルたずね人編」「Movie1」「Movie 2」をアップしました。
昨日年末のご挨拶を済ませていたけど勢いで今日も更新してしまいました。
それでは、今度こそ
「良いお年を〜!」



「ウイグルたずね人編」更新
Photo Travelogue「2009ウイグルたずね人編」「ウルムチでの再会 〜Special Night」の後半をアップしました。
前半より更に輪をかけた長文でっせー。これでもまだ書ききれなくて割愛したエピソードもあります。
旅の残りはあと1日。トルファン日帰りして終わりです。
ハイライトは今回の更新分だったので、あとはこんな長くなる事はないと思います。

今年1年も因智喜旅遊にお付き合いいただき、誠にありがとうございました。
皆様にとって2010年が素晴らしい年になりますよう、心からお祈り申し上げます。
来年もボチボチペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願いいたします!




12月22日
「ウイグルたずね人編」更新
Photo Travelogue「2009ウイグルたずね人編」「ウルムチでの再会 〜Special Night」を半分アップしました。
文章がめっちゃ長いです。まとめるの下手なんでスミマセン。
まだ続きがあるのですが、力尽きたので次回に。目標は今年中です。

こんなにアップが遅くなってしまったのは、このハイライトをどう書けばいいか考えると気が遠くなってしまい
なかなか手がつけられなかったというのもありますが、「そろそろやらなきゃ」と思っていたちょうどその頃に
会社の子から今更ながら漫画の「ワンピース」を借りて読み始めて止まらなくなってしまったからでした。
漫画に疎いので、ワンピースっていう漫画は人気があるとか海賊の話とか位は知っていたけど、
子ども向けだと思っていたので全然興味はありませんでした。
ところが職場の子達がハマってて熱く語るから「じゃあ貸して」という事になり…。
コテコテの冒険&友情物語の少年漫画だけど、私ってかなり涙もろいのでティッシュ消費しまくり(笑)
まだまだ私もこういうお話に涙を流せる純粋な心?が残っているんだなと、ある意味ちょっと安心しました。
30巻を読み終えた時点ですが、さて、現在私が一番好きなキャラクターは誰だと思いますか?




11月23日
「ウイグルたずね人編」更新
Photo Travelogue「2009ウイグルたずね人編」「去りがたき愛しの都 〜 カシュガル 7」をアップしました。
結局やっぱり更新が遅くなってしまいました。
前回のアップ時には「カシュガル6」の続きにするつもりでしたが、文章も長かったりして別セクションにしました。
かなりどっぷり感傷に浸っちゃってます(笑)
さぁ次回とうとうアブ氏との再会になるんですが、またまた時間かかってしまうかと思います。




11月2日
「ウイグルたずね人編」更新
Photo Travelogue「2009ウイグルたずね人編」「カシュガル 6」を半分アップしました。
今回も路地や商店街のあっさりした写真ばかりです。
後半は次回に。
出し惜しみをしてるわけではありませんが…クライマックスに近づくにつれて、
どうやって書けばいいか悩んでしまってなかなか前に進めません。
悩むほどのボキャブラリーがあるわけでもないのに。。。

ところで全然話は違いますが、スポーツに殆ど興味がない私なんだけどフィギュアスケートは好きなんです。
(もちろんするんじゃなくてTVで見るだけ)
昔はミシェル・クワンさんがすごく好きでした。先日久々にYouTubeで見てみてやっぱり感動。
ついでにソルトレイクシティオリンピックのヤグディンさんとかも見て懐かしみました。
ヤグディンの『仮面の男』の振り付けって、あのニコライ・モロゾフ氏(安藤美姫さんのコーチ)なんですってね!
安藤美姫さんと言えば、先週のGPでのクレオパトラがとっても彼女の雰囲気に合ってて良かったなぁ。
音楽も私の好きなアラビック系で思わずニヤリとしてしましました。
ちなみに、モロゾフコーチってオッサンだと思ってたらまだ30台前半なんですねぇ〜!



10月17日
「ウイグルたずね人編」更新
Photo Travelogue「2009ウイグルたずね人編」「カシュガル 5」をアップしました。
ずっと郊外の村めぐりばかりだったので、最後の日にカシュガル観光をしました。
今回の写真はエイティガール寺院内部や香妃墓(アパク・ホージャ廟)など、建物メインです。

トップページ画像を変更
トップページの写真、ずっと「因智喜旅遊10周年記念」のままだったのが気になってましたが
自分でも気に入っていて替えたくなかったので、セコいですが「10周年」の文字を消して
またしばらく使います(笑)
余った場所にレバノンの遺跡バールベックの写真を入れました。




10月7日
「ウイグルたずね人編」更新
Photo Travelogue「2009ウイグルたずね人編」「ブラックス」をアップしました。
前回の旅では訪れていない、初めてのバザール村です。
「またバザールかよ!」なんて言わずに、どうか見てやって下さい(笑)



10月4日
旅行から帰ってきてます
9月の連休を利用した旅行から、27日に無事帰国しております。
短い期間に山登りあり、サイクリングあり(道に迷ってえらいこっちゃでした)の、私にしては珍しくアクティブな旅でした。
そのせいもあって、特に体調を崩したわけではありませんが帰国後もなかなか体力が回復せず、報告が遅くなりました…。
行ってきたのはこんなところです↓



中国広西チワン族自治区にある棚田で有名な『龍勝』での朝の1枚です。
残念ながらこの日は天気がイマイチでちょっとどんよりした写真です。
太陽に照らされてキラキラ輝く稲穂…を期待してたんですけどね〜(この後山を下りたら晴れたという(笑))
写真だけ見たらなんてまったりしたところって思うでしょうが、ここまで登るのが結構大変でした。
他にも、同じチワン族自治区のトン族という少数民族の村と、桂林の近くの『陽朔』という町に滞在しました。
なんだか気が付くとチベット以来中国ばっかりやな…。

GWウイグル編が終わらないとこちらの旅行記も始められないので、早くウイグル編も完成させるべく頑張るつもりです。



9月13日
「ウイグルたずね人編」更新
Photo Travelogue「2009ウイグルたずね人編」「ヤプチャン 1」「ヤプチャン 2」「カシュガル 4」
を一気に3セクションアップしました。やればできるじゃないか、私(笑)
20日から旅立ちなので、それまでにできるだけ多くアップしておきたかったのです。
しかしまぁ、5月にウイグルに行った時は「9月の連休は前後休みが取れない」と思ったから急遽GWにしたんだけど、
結局なんだかんだで今回も無理矢理休み取ってしまいました。
「もしも」を言い出したらきりがないですが、もしウイグルを5月にしてなかったらFさんと出会う事もなかったんですよねー。
そしたらアブ氏に会える確率も非常に低かったわけで…。






9月6日
「ウイグルたずね人編」更新
Photo Travelogue「2009ウイグルたずね人編」「ハニラッカ」をアップしました。
月曜市が開かれるハニラッカ村に、今年も行ってきました。

9/20〜9/27まで、旅立つ事になりました。
行き先は…またしても『○○自治区』です(残念ながらウイグルじゃないです)。
今回も行動するのが遅すぎて、他の候補地がことごとく空席なしで、思いっきり消去法で決まりました。
しかも今回は一人旅ではありません。ラブラブ旅行…でもありません(笑)
現在ウイグル旅行編で活躍中の『Fさん』とのコンビ復活で行きます!!
行き先はFさんが考えてくれたもので、自分では思い付かなかった場所なのでそう言う意味で今までより幅が広がる気がして楽しみです。



8月30日
「ウイグルたずね人編」更新
Photo Travelogue「2009ウイグルたずね人編」「カシュガル 3 〜キサマ君」をアップしました。
またまたカシュガルで偶然の出会いがひとつ…。



8月23日
「ウイグルたずね人編」更新
Photo Travelogue「2009ウイグルたずね人編」「イェキシェンベバザール 2 〜あの家族に再会」
「イェキシェンベバザール 3」をアップしました。
去年の旅でカシュガルに来て行動を始めてすぐに出会った家族に、今年も会いに行きました。

トップページ画像を変更
トップページの写真を因智喜旅遊10周年記念のものに入れ替えました。
そう、我が因智喜旅遊は8/25で10年になるのです。自分でもこんなに続くとは思わなかったなぁ。
ネット世界の片隅でひっそりこっそりチマチマとやっているこんな弱小サイトですが、
10年続けてこられたのはひとえにお越し下さる皆様のお陰です!ありがとうございます。
(いつものように歴代のトップページ画像の倉庫Oasis CafeIndex Photo Historyも更新しています)
本当は行った国全ての写真を使って作りたかったんですが、ごちゃごちゃになりすぎるのでそれは断念しました。
使った写真は、スペイン,ペルー,ポルトガル,ノルウェー,バングラデシュ,ボリビア,イタリア,ギリシャ,パキスタン,ドバイ,
トルコ,モロッコ,チュニジア,
タイ,ウズベキスタン,中国(チベット,ウイグル含む) です。
それに加えて天使&コペンも外せませんね。
画像をクリックすると大きな画像で見られます!



8月20日
「ウイグルたずね人編」更新
Photo Travelogue「2009ウイグルたずね人編」「イェキシェンベバザール 1」をアップしました。
この日からは毎日カシュガルからバスや乗り合いタクシーで郊外の村に出掛けていきます。

お盆休みに、なんとこの2009ウイグル旅行編に出てきている「Fさん」が我が町まで遊びにきて下さいました!
彼女は関東に住んでいますが実家が近畿で、お盆に帰省した際に会いに来てくれたのです。
お会いするのはウルムチで別れて以来で、思い出話に花が咲きまくってろくに町の観光案内もせず喋りまくった私でした。
写真見ながら「あの時ね〜」とかって盛り上がれるのは最高ですね!




8月9日
「ウイグルたずね人編」更新
Photo Travelogue「2009ウイグルたずね人編」「カシュガル1〜さっそく路地巡り」
「カシュガル2〜再会第1弾はこの人!」をアップしました。
一気に2セクション分更新して疲れた〜〜〜なんと写真31枚分!またしても文章長いし。

もうすぐ(既に?)お盆休みですね。海外に旅立たれる方もいらっしゃると思います。
私は特に予定は立ててませんが、ちょっと日帰りでどこかには行きたいなと考え中です。
この勢いでお盆中にまたちょっと更新も出来たらいいなー。



8月2日
「ウイグルたずね人編」本編開始
Photo Travelogue「2009ウイグルたずね人編」「アブ氏をたずねて5000キロ〜ウルムチ」をアップしました。
いきなりアブ氏からかよ!という声が聞こえてきそうですが…。ご想像通り、初っ端から文章長めです(笑)

今回の旅は
『再会』がテーマですので、アブ氏をはじめ訪ねていった人たちの去年の写真を、文中のリンクをクリックしたら
ポップアップで見られるように工夫してみました(ご覧になる方のブラウザによってはうまく表示されないかも…?)
再会できた人の中で何人か、「全然雰囲気違うやん!」っていう人もいましたので、比較していただけると面白いかと思います。
これからまた長い日数かかっての更新となっていくかと思いますが、気長にお付き合いいただければ幸いです。



7月20日
「ウイグルたずね人編」表紙アップ
Photo Travelogue「2009ウイグルたずね人編」表紙をアップしました。
表紙と言っても文章もまだ何も書けてなくて、画像だけです。
決して出し惜しみをしているわけじゃありません。。。(作文が苦手で書き始めるまでに時間がかかるのです)
色々考え込んでしまって手をつけられないままでいたのですが、やっぱり私は私なりの方法でいつものように
旅した時に感じた事を表現していくしかないなぁと思っています。




7月14日
トップページ画像を変更
トップページの写真を今年のウイグル旅行で撮ったものに入れ替えました。
カシュガル郊外の日曜バザール村のおばあちゃんです。今回の旅のお気に入りの1つです。
(いつものように歴代のトップページ画像の倉庫Oasis CafeIndex Photo Historyも更新しています)
先日ここで「因智喜旅遊もこの夏で10年」と書きましたが、数えてみると歴代のトップページ画像も40個を超えてました。

この度のウルムチでの事件についてニュースなどを追っていて、7/5の被害が大きかった場所のひとつとして
『延安路』という道路の名前が出ていてドキッとしました。
延安路はアブ氏(ドタール演奏家さん)が所属する『新疆歌舞団』がある道…。
こないだ写真送った時に“乌 鲁木齐市延安路”って住所書いたよ……。
まさか…と思って更に調べてみると、歌舞団が入っている複合文化施設『新疆芸術劇院(新疆艺 术剧院)』のすぐ近くが
思いっきり現場だったらしい!
[视频]新疆艺术剧院:危急关头 共筑生命防线(CCTV) 
注意!動画あり。音が出ます
中国語分からないけど漢字を見てだいたい理解しました。中国の国営テレビなので内容がどこまで真実かは分かりませんが。
ちょうどその時は新疆舞踊コンクールが開催されていて700人以上が芸術劇院にいたけど、助け合って皆無事でした…という感じか。
ただ、アブ氏がその時間に芸術劇院内にいたのかどうかは分かりません。とにかく無事でいたら良いのですが…。
他にも、ウルムチには今回たまたま知り合ったウイグル人警察官もいます。しかも彼は国際大バザールの警備をしていると話してました。
ウイグル文化をひたすら一途に愛しているアブ氏や、「弾圧側」に回らざるを得ない警官君の心情を思うとたまらない気持ちになります。
だんだんと報道が少なくなり一見平穏に戻ったように見えても、元々『平穏』なんてものは無くて見せかけだけなのだから、
チベットと同様に根本的には何も解決されない…それどころか一層厳しい状況になってしまうのだろうと私は思っています。
彼らに見せかけではない本当の平穏が訪れる時が来るのを、ただ願うばかりです。

8分もの入魂のインストゥルメンタル曲にアブ氏が付けたタイトルは、
『Umid (Hope)』でした。




7月10日
『祈り』
(2009年5月7日、ウイグル・カシュガル、エイティガール寺院にて)


本当は、思うこと・書きたい事がいっぱいあるのだけれど……
とても今の自分の気持ちをまとめきれそうにありません。




7月4日
新コーナー“Scenes”誕生
ず〜っとやってみたいと思っていたコーナーを、やっと立ち上げることができました!
その名も
Scenes - Photo Gallery by Subject - です。
どういうものかと言うと、これまでの写真旅行記コーナーのような国別/時系列順ではなく、「テーマ別」アルバムなのです。
今のところは「恋人たち」「移動」「ドアと窓」「ナイスガイ」「カフェ」の5種類です。
他にも「じいちゃんばあちゃん」「動物たち」…とテーマを増やして行けたらなぁと思っています。
一から作るのは大変と思ってなかなか実現しなかったのですが、フォトアルバム作成ソフトを知ったお陰で
構想ン年?のテーマ別アルバムをアップすることが出来ました。ソフト任せで格好良いレイアウトが可能なのです。
写真は新たなものはなくて全てこれまでの写真の使い回しですので悪しからず〜。
だけど、テーマ別に見るとまたちょっと違った印象で見えてきたり…するかもしれません(笑)



6月28日
リンクページ更新
自分でもここ数年(?)開いていなかったリンクページに、1件リンクを追加しました。
姫路市を拠点にしてヨガ教室を開いていらっしゃるKyokoさんのページです。
私にとってはヨガの先生であり、またよき友人でもある、ナチュラルでとってもステキな方です。

リンク集に載せているサイトも、今はなくなってたり放置されてるようなものもたくさんあるんじゃないかなぁ。
ひとつひとつ調べたりはしていないのでリンク切れになってるのも多いかもしれません。
ふと気が付くと、なんと今年の夏でわが因智喜旅遊は10年ですよ。。。時の流れってオソロシイ!

自分が旅で感動したり気に入った光景を他の方々にも見ていただきたいという気持ちで始めた因智喜旅遊ですが、
超めんどくさがりでものぐさな私がなんだかんだで10年も続けてこられたのは、
数は多くなくとも時折メールなどでご意見ご感想をいただいたりした時の嬉しさが原動力になったからだと思います。
私の身近には旅話が出来るような人がほとんどいないから、ここを通じて知り合えた『旅仲間』の皆様に本当に心から感謝・感謝です。



6月27日
「"Smiley" Copen」更新
コペンの親バカコーナー"Smiley" CopenDrive memoに、2009年1月以降の分をまとめてアップしました。
淡路島七福神めぐり、灘黒岩水仙郷、伊弉諾神宮」、「四国 こんぴらさん&讃岐うどんと道後温泉」、
「兵庫県たつの市御津町綾部山梅林」、「岡山県津山市津山城、赤磐市ドイツの森、備前市 閑谷学校の桜」、
「兵庫県西脇市西林寺あじさい園」 以上です。

やっとコペコーナーも全部更新出来ました。
あとは、ウイグル2009年編に入る前に、ひとつ新しい企画のコーナーを設けようと思っています。
でもアップするまでに挫折するかもしれません…。




6月20日
「"Smiley" Copen」更新
コペンの親バカコーナー"Smiley" CopenDrive memoに、2008年分の残りをまとめてアップしました。
決してコペドライブをしてなかったわけではないのです。更新をサボり続けているうちに1年分溜まってしまってたのです。。。
 「兵庫県佐用町あじわいの里ルピナス畑」、「兵庫県姫路市安富町 安志加茂神社(あじさい公園)」、
 「島根県出雲市・松江市出雲大社他」、「兵庫県たつの市新宮町 牛丸栗園(栗拾い)」、
 「兵庫県神崎郡神河町砥峰高原ススキ大草原」、「兵庫県姫路市 名古山銀杏並木&宍粟市 最上山公園もみじ山」 以上です。
本当は2009年に入ってからの分も全部一気にやるぞ!と思っていたのですがここで力尽きました…。
近いうちに残りも全部アップするつもりです。早く2009年ウイグル編を始めたいから頑張るぞー。

最近お気に入りのウイグル人ミュージシャンがいます。
Arken Abdulla(中国語では『艾尔肯』)さん。
アブ氏
とは全く系統が違います。見た目も違ってスマート(笑)で、ドタールではなくギター弾きさんです。
去年の旅の時にウルムチのCD屋で確かこの人のCDを勧められた気がするのですが、なんか食わず嫌いというか
興味を示せなかったので買いませんでした。勝手な印象で、ウイグルっぽくない曲だろうと思い込んでいたのです。
ところが、たまたまYoutubeで1つ動画を見てみて、「お、結構カッコエエやん!?」と。
そしてその他のものも見てみると、まぁなんとも多才な人やなぁと驚きました。
Youtubeには本人が作ってるチャンネルがあって(しかし現在中国からYoutubeへのアクセスは遮断されてて更新ができていない)
何気にその本人チャンネルの「お気に入り」リストを見てみると…、
Paco De Lucia等のフラメンコギタリストが大勢な中で、なんとアブ氏の動画をお気に入りに入れているのを発見!
(ウイグル人としては自分の動画とアブ氏のを3個とあと1つ別のウイグル人の3人分のみ)
それを見て「ええヤツやん、Arken!」とまたバカ単純に“エエ人認定”した私でした。
やってる音楽の方向性は表面的には全然違ってはいるけれど、根底にあるウイグル魂は一緒なのかな、なんて思った次第です。
Arkenさんのブログはこちら(中国語です)

Arkenさんの音楽、興味持たれた方はご覧になってみて下さい。3つとも全然違うから面白いよ〜。

・千佛洞 THE CAVES OF A THOUSAND BUDDHAS
インスト。格好いい。でもちょっとナルシスト入り過ぎ!(ダンサーも他のミュージシャンも有名な人らしい)


・Bizning Oyda Maxrap Bar
上のと全く違うタイプだけどちゃんと民族楽器入ってる。Arkenもドタール弾いてるのがちらっと映ります。
ちなみにこの中でマッチョな男前おじさんが立ってドタール弾いてます。アブ氏には出来ないんだろうなぁ…。


・Qeri Bala
「歌のお兄さん」と化してます。子どももArkenもめっちゃカワイイ〜!






6月7日
「Collections」めっちゃ久々の更新
いったい前回この「Collections」コーナーを更新したのはいつなのか…(笑)
2003年のシルクロード以来更新してませんでした。なので、ペルーからウイグルまでを一挙更新!
ついでに、写真は撮ってたけどアップし忘れていたものも追加しています。
up!マークの付いているのが新たなものと追加したものです)

実のところ、今回のGW旅行の写真は、前回の冬のウイグルに比べたら「イケた!!」と思えるのは少ないような。
あのダンディカバブおじさまみたいなインパクトのものが無くて…。
もちろん木々は緑で女性や子どもも鮮やかな衣装だから色合いはカラフルなんですが、
意外な事に冬のモノトーンな時の方が印象的なシーンが多かったようです。
単に自分の感性が鈍っていただけとも言えますが。暑かったし体調崩したし(言い訳)。
それでもなんとか自分でも気に入る写真がいくつかは撮れたと思っています。
ステキな被写体の皆さんに感謝です。


 ↑ マリンルックがオサレなじいさま、でも冬の帽子。後ろのじいちゃんにも注目。

そうそう、ウルムチへ写真を送りました。今回もEMSで。
去年カシュガルに送った時は5日で着いたので、今回もウルムチまでは4日で着きました。
EMSは受取人名も確認出来るようになってて、ずっとドキドキしてネット追跡してたのですが、
教えてもらってたのが職場の住所だったからサイン名は『Company Stamp』でした。ガックシ。
ちゃんと手元に届いてるかなぁ…。





5月25日
「ウイグル厳冬年越し旅行編」完成!
Photo Travelogue「ウイグル旅行編」「ウルムチ」と「Slideshow 3」をアップしました。
これでこの旅行記は一応完成しました。遅々として進まない更新ペースに長い間お付き合いいただきありがとうございました!

さぁ早く今回のGW旅行編に取りかかって…と言いたい所ですが、放置中のコーナーもたくさんあるし
新しい企画も考えてる最中でして、いつ2009年編が始まるのやら。
まぁいつもの事なので期待せず(誰が期待してるちゅうねん)、時々覗きにいらしていただけたら幸いです。

旅行記の文中にはちょっと優等生ぶったこと書いたりしてますが、こういう記事を見つけるとやっぱりやるせない気持ちになります。
「China razes the cradle of a culture」
(The national)
(中国は文化のゆりかごを破滅させる)




5月21日
「ウイグル厳冬年越し旅行編」更新
Photo Travelogue「ウイグル旅行編」「クチャ 2」をアップしました。
あと残すはウルムチのみになりました。
分かっていたことですが、次の旅に出てしまったら前の旅の旅行記を書くのはかなり気合いを入れないと出来ないですね。
そう思ってGWまでに仕上げてしまいたかったんですが間に合わなかったので…。
いや、それだけではなく。

今回帰国してから、せめて1週間くらいは頭にお花咲いてる感じで嫌なことがあってもフフフン♪と過ごせるだろうと思っていたら、
逆に待ち受けていた厳しい現実とのギャップが大きすぎて身体も脳みそもそれについていけなくて。。。
お花咲くどころかかえって軽く鬱状態に陥ってしまいました。
体に力が全然入らず何度も物を落としてしまったり、朝起きるのがとっても辛かったり…口から出るのはため息ばかり。
(旅で出会った方から写真をメールでいただいたのにまだお返事も出来てません。ごめんなさい)
昼間から、というより午前中からしんどくて眠くてしょうがないのに夜になると目が冴えて眠れない。
深夜に旅で撮ってきた動画を何度も何度も見たりして、その時だけは元気なんですけどね。

しかしそんなことばっかり言ってもいられないし、もう帰国して10日以上になり、そろそろしっかりしなければ!
今回の写真もやっと一通りプリントが出来上がってアルバムに入れて、これで一区切りになったかな。
あとはあの方に写真を送る準備をしないと…。
というわけで、今日も写真を1枚。



シャイな性格が現れているこのショットは私のお気に入りです。
パッと見はイタリアマフィアみたいにイカツイのにこの恥ずかしがりっぷり(笑)
ちなみに顔が赤いのは店の照明(とカメラのホワイトバランス)のせいで、決して酔っているのではありません。

あぁ、いつまでもぐずぐず言ってないで私も頑張らないとなぁ。



5月11日
G.W.旅行から帰ってきました
え?そんな事聞いてないって?
はい。誰にも言わず旅立ちましたから…親と会社関係にだけは仕方なく言いましたが。
行くのを決めたのは4月に入ってからなんで、結構突然だったのですけどね)
で、この方に会いに行ってきました!



この見事なまでの潔いつるっぱげ…もとい、スキンヘッドの『あの』イケメンさんに。
実現する可能性は極めて低いと思っていたので、失敗だったら恥ずかしいのもあって誰にも話さなかったのです。
しかし今回、またまた偶然に現地で強力な助っ人を得ることができ、お陰様で無事逢う事が出来ました。
あの時の印象と全然違っていたら…などとちょっと不安もあったけれど、やっぱりほぼ100%私の印象どおりの方でした!
助っ人さんまで一瞬で惚れてしまってました(笑)

この他にも、再会あり新たな出会いありの超てんこもりな旅になりました。
去年の旅行記もまだ終わってないし、この度の顛末がアップされるのは一体いつになるのか!?
前回に増して長い旅行記になりそうです。



4月20日
「ウイグル厳冬年越し旅行編」更新
Photo Travelogue「ウイグル旅行編」「クチャ 1」をアップしました。
クチャの金曜バザールの様子と美しい『庫車大寺』(モスク)です。
次回はクチャの続き、またまたバザール風景を中心にアップする予定です。
あ〜、長かったウイグル編もいよいよラストが見えてきました…。



4月11日
「ウイグル厳冬年越し旅行編」更新
Photo Travelogue「ウイグル旅行編」「南疆鉄道でクチャへ」の残りをアップしました。
前回の続きからクチャ到着までです。
そろそろラストスパートしていきたいと思ってます!(ホンマか?)

トップページ画像を変更
トップページの写真を南米ペルーのチチカカ湖のものに入れ替えました。
冬仕様のままなのが気になっていたので、あったかそうなイメージのものに変えてみました。
(いつものように歴代のトップページ画像の倉庫Oasis CafeIndex Photo Historyも更新しています)

前回の独り言で「毎日寒い」と書いていましたが、週明けて急激に気温が上がり、暖かいを超えて一気に「暑いっ」に…。
先週の最高気温が今週の最低気温って感じ。
桜も慌てて満開になり、お陰で今週は毎日昼休みには会社近くの桜が綺麗な場所でまったりすることが出来ました。
しかし気温が高すぎるせいか、満開の時が短く、ただでさえ散るの早いのにいつもより更に早く散り始めたような気が。
18〜20度くらいならあと数日持ったかもしれないのに、連日23〜25度じゃねぇ〜。
せっかく買っていた春物のジャケットとかブルゾンも全然出番がないままです。



4月6日
「ウイグル厳冬年越し旅行編」更新
Photo Travelogue「ウイグル旅行編」「南疆鉄道でクチャへ」の一部をアップしました。
カシュガル駅を出発してクチャへ向かう途中までです。続きは次回…。
チベット鉄道の時とはまた全く違う車窓の風景です。

今年は桜の開花は早いだろうと言われていたと思いますが、私の住む地方ではやっとかなり咲いてきたかなという程度。
毎日寒いし、金曜日なんか地元一番の桜名所もまだ全然って感じでした。
でも土曜からやっと春らしい陽気になってきたから、これから一気に満開になりそうです。
はぁ〜1年が早いわ。年やなぁ(笑)
まだまだ自分を取り巻くいろんな状況は良くないけれど、せめて桜を愛でる時くらいはそんな事忘れて楽しみたいものです。




3月22日
「ウイグル厳冬年越し旅行編」更新
Photo Travelogue「ウイグル旅行編」「ドタール奏者との出会い」をアップしました。
更新が大幅に遅れてしまいすみませんです。とりあえずどうにか暮らしております。
今回はとうとう何度もここに登場した『アブ氏』のお話です。ミーハーっぷり炸裂でものすごい長文になってしまった!疲れた…。
ものすごく時間かけて書いた割には、私の駄文ではその時の様子がうまく伝えられないのが残念。
まぁ、「よっぽど楽しかったんだな」と思っていただけたらそれで嬉しいです。
次回は列車に乗ってクチャへと向かいます。




2月15日
「ウイグル厳冬年越し旅行編」更新
Photo Travelogue「ウイグル旅行編」「カシュガル 3」「カシュガル職人街」と、
Youtube動画
「ウイグルの音」をアップしました。動画は、村のバザールの喧噪や職人街の音などの詰め合わせです。
次回はいよいよ、ここで何度も言及している民族楽器奏者さんのご登場です!!




1月21日
「ウイグル厳冬年越し旅行編」更新
Photo Travelogue「ウイグル旅行編」「カシュガル 2」をアップしました。
前回の『香妃墓』から移動して、かの有名な『日曜バザール』会場周辺までやってきてぶらぶらした様子です。
日曜じゃないのでバザールの活気はそれほどはありませんでしたが、会場近くの旧市街の路地はとってもイイ感じで
路地フェチの私にとっては最高な所でした。

お正月に「今年はできるだけペースを上げて更新できれば」などと書いておきながら、やっぱりなかなか出来ませんね…。
仕事が何かと慌ただしいのもあってか毎日疲れ果てていて、家では常にぐったりしている状態です。
そんなわけで、残念無念ながら更に更新頻度が落ちてしまうかと思います。。。
見に来て下さっている方、申し訳ございません。



1月8日
「ウイグル厳冬年越し旅行編」更新
Photo Travelogue「ウイグル旅行編」「カシュガル 1 〜いよいよカシュガル観光開始!」をアップしました。
やっとカシュガル観光地巡りの日になりました。しかし悲しいかなこの日1日しかないのです…。
1日しかないからとりあえず数撮りまくったので、4回くらいに分けてアップすることになる予定です。
まずは最初に訪れた『アパク・ホージャ廟(香妃墓)』の様子から。
いつものような人物のスナップはほとんど出てきません。それは今後たくさん出てきますよ!



2009年1月1日
A HAPPY NEW YEAR 2009 !!
本年も因智喜旅遊をどうぞご贔屓に、よろしくお願い申し上げます。


トップページ画像をお正月仕様に
トップページの写真をお正月限定のものに入れ替えました。丑年なので牛さんが写っているものから選びました。
カシュガル近郊のハニラッカ村のバザールでの一コマです。
(いつものように歴代のトップページ画像の倉庫
Oasis CafeIndex Photo Historyも更新しています)

ウイグル旅立ちから1年経って、まだ旅行記は半分ちょっとという超のろのろ更新ですが、今年は出来るだけペース上げて
いければと思っております。どうか気長にお付き合いくださいね。
放置中の他のコーナー(コペン、コレクションなど)にも手をつけていきたいです。


12月28日
「ウイグル厳冬年越し旅行編」更新
Photo Travelogue「ウイグル旅行編」「ヤプチャン 3」をアップしました。
次からはいよいよカシュガルの町を歩きます!
ついでに、旅写真をスライドショーにしたものをYoutubeにアップロードして、リンクしました。
悲しくなるほど動画の画質が悪いですが…。

ところで今日は、
ウイグルに旅立って一周年!』の記念日です♪
去年の今頃は激寒のウルムチにいたんですね〜。早いものです。あれから1年だなんて。
それとおととい、私の住む町で初雪が降りました。カシュガルを思い出してまたまたほろりときてしまいました。
(もちろん通勤時のiPodプレイリストは「アブ氏」で)

それにしても、去年の今頃はあんなに楽しかったというのに今年の冬は……。
会社は不景気やその他もろもろで存続すら危うい?かも!?という状況で、なんだかとても旅行に行きますなんて言える雰囲気じゃない。
自分自身もそんな気分になかなかなれないし、無理矢理行っても楽しめそうにない。
体調も全く良くなく(ストレスも酷い)、現在はここ何年も経験してないくらいの絶不調です。。。
あ〜、年の瀬にこんな暗い話でゴメンなさい!
自分の力ではどうにもならないことばっかりなんですが、何とか身体だけでも元気になって来年は楽しく過ごしたいものです。




12月3日
「ウイグル厳冬年越し旅行編」更新
Photo Travelogue「ウイグル旅行編」「ヤプチャン 2」をアップしました。
主にバザールで出会った人々の様子です。




11月6日
「ウイグル厳冬年越し旅行編」更新
Photo Travelogue「ウイグル旅行編」「ヤプチャン 1」の残りをアップしました。
まだまだヤプチャンは続きます。多分「ヤプチャン4」まで行くと思います(笑)
厳選しろよって感じですが、大したものでもないくせに優柔不断であれもこれもと欲張ってしまう性格なもんで…。
そういえば、買い物にしてもこの性格が災い(?)してます。
先日友人と久々に神戸でお買い物したのですが、友人はしばらく悩んで「迷った時は買わない!」と素晴らしい決断力だというのに、
私なんて散々長時間着たり脱いだりして悩んだ挙げ句、「まぁとりあえず買っとくか…」とカードを切ってしまいます。
しかもタチが悪いことに、複数で悩んでどっちにするか決められない時には「とりあえず両方買っとこか…」とどっちも買ってしまいます。
そうやって、年に2回着るか着ないか分からないような服や靴がどんどん溜まっていくのです。
そして忘れた頃にカードの請求が来てアイタタタ〜!を繰り返すのでした。
着ないものはオークションで売ってしまおうと思うのに、写真撮影とかが面倒で結局シーズン終わってしまうというアホな私です。




11月6日
「ウイグル厳冬年越し旅行編」更新
Photo Travelogue「ウイグル旅行編」「ヤプチャン 1」を一部アップしました。
ヤプチャンは写真がたくさんあるので分割して更新していこうと思っています。
前回お知らせしたように、ウイグル編トップページにある、ナンの横でだんご状態になった子ども達の写真も出てきます。

11月に入り、
黄色く色付いてきた銀杏並木を見て「もうウイグルもかなり寒くなってきたんじゃないかなぁ」などと思う今日この頃です。
今年の年末は30日まで仕事があるので年越し旅行は無理。ほんとは秋にどっか行くつもりでしたが来年に延期しました。
行き先の候補はあるにはあるのだけど、まだ決定には至っておりませんです。
次の旅行までにウイグル編が完成するのやら…!?




10月26日
「ウイグル厳冬年越し旅行編」更新
Photo Travelogue「ウイグル旅行編」「元日・朝のカシュガル」をアップしました。
朝、ヤプチャン村へ出掛けるまでに少し職人街などを散歩した時の様子です。
時差で夜が明けるのが遅いから、まだ人通りも少なくてちょっと寂しげな旧市街です。
次回はヤプチャンのバザール。ウイグル編トップページの写真も次回出てきますよ〜。

トップページ画像を変更
トップページの写真を入れ替えました。寒くなってきたのでやっとトップページにウイグルの写真を持ってこれました。
悩みまくった結果、クチャのバザールで喧噪の中パパが運転する3輪バイクの荷台に乗った少女を選びました。
意味深ふうな笑顔が印象的な女の子でした。
(いつものように歴代のトップページ画像の倉庫
Oasis CafeIndex Photo Historyも更新しています)



10月18日
「ウイグル厳冬年越し旅行編」更新
Photo Travelogue「ウイグル旅行編」「ハニラッカ 3 〜さみしい年越し」をアップしました。
ハニラッカ村の続きと、カシュガルに戻っての年越しまでの様子です。最後文章がちょっと長くなりました。
次回、元日もまたまた村のバザールに向かいますが、その前にちょっとだけカシュガルの町のスナップを載せる予定です。



10月8日
「ウイグル厳冬年越し旅行編」更新
Photo Travelogue「ウイグル旅行編」「ハニラッカ 2」をアップしました。
ハニラッカ村の続きです。次回は更にハニラッカの続きと年越しまでをアップする予定です。
最近だんだん寒い日が多くなってきて、車の中でシャッフルにして聴いているiPodから偶然ウイグルの曲なんかがかかると
旅の空気をふと思い出したりして懐かしさにきゅーんとしてしまいます。アブ氏は元気にしてるのかなぁ。



9月15日
「ウイグル厳冬年越し旅行編」更新
Photo Travelogue「ウイグル旅行編」「ハニラッカ 1 〜大晦日」をアップしました。
前日に続いて今日もバザールの村に行きます。まずは村に到着したところまで。

「"Smiley" Copen」更新
コペンの親バカコーナー
"Smiley" CopenDrive memoに、溜まっていたネタ3つをやっとアップしました。
上郡町の桜・神河町グリーンエコー笠形のこいのぼり・姫路バラ園(すべて兵庫県内)です。
溜まったネタ第2弾もありますが、また次回以降に…。

因智喜旅遊チベット編に出てきて、一度このページでもご紹介したことがあるカメラマンの小山浩司さんからお知らせを頂きました。
現在発売中の「デジタルカメラマガジン9月号」の巻頭グラビアのひとつに、彼のチベットの写真が掲載されています!
『天空の舞踏会〜チベットの冬祭り〜』と題して、四川省のリタン(チベット自治区ではないがチベット圏であるカム地方にある町)で
撮ってこられたお祭りの写真がドドンと6ページ!興味のある方は是非ご覧下さい。

小山さんによると、ラサでは旅行者にも軍の監視が厳しく色々と制約があるとのことで、今年はラダックに行って来られたそうです。



9月2日
「ウイグル厳冬年越し旅行編」更新
Photo Travelogue「ウイグル旅行編」「イェキシェンベバザール 3」をアップしました。
市場のラグメン屋さんなどなど。

お気付きになった方がいらっしゃるかどうか分かりませんが、旅行記更新の他にもマイナーチェンジしてます。
実は先週、職場のパソコンで何気なく自分のサイトを見てみて愕然。
トップページのレイアウトは狂ってるし、文の行間が狭すぎてただでさえつまらない文章が読みにくいったらありゃしない!
それで調べてみて、HP作成を初めて9年にもなるのに初めて『CSS』というものを使って行間を開けられる事を知ったのでした(笑)
トップペ−ジやこのページ、そして旅行記コーナーの一部にCSSを付け足して行間を開けました。
Macで見ると通常でもそこそこ行間開いてるから今までこんなことにも気付きませんでした…。
そのうちぼちぼちと他のコンテンツも手を入れていくつもりです。

あと、これもブラウザによって反映されないかもしれませんが、faviconというものも作ってみました。
Firefoxなんかだと、アドレスバーやタブやブックマークに表示されてると思うこんなやつ→
ヨーロッパのツーリストインフォメーションのロゴマークのイメージで作りました。
バランス悪くて不格好なところがインチキくささ満開。

ところで最近、コンパクトデジカメを購入しました。リコーのR8ってやつのシルバー。
当初は父親が仕事で接写したいから接写に強いカメラ探してと頼んできて、調べたらこれが良さそうだったので教えてあげたのです。
そしたら父親はなぜかそそられなかったようで(リコーよりソニーとかキャノンが良いと思っている節がある)、
「まぁ別に今は急がんから」と却下されちゃいました。
しかし自分がこのカメラの格好いいデザインが気に入ってしまい、見た目重視の私は勢いで買ってしまいました。
新しいR10ってのが出たようですがそっちはデザインが気に入らなかったのでR8の在庫が切れないうちにと急いで購入。
シルバーのR8はiMacともPowerBookともすごくエエ感じにマッチしてて、それだけでご満悦な私です。

この日曜に初めて外で撮ったときの一枚を。少しレタッチしてます。




8月22日
「ウイグル厳冬年越し旅行編」更新
Photo Travelogue「ウイグル旅行編」「イェキシェンベバザール 2」をアップしました。
村で出会った『人』の写真ばっかりです。

先日、ラサで知り合った日本人の男の子nimuさんが私の地元にやってきたので、2日間町を案内したりしてきました。
その数日後には大阪でnimuさんともう1人ラサで一緒になったハイジさんにも会い、チベットプチ同窓会ができました。
(nimuさんもハイジさんも青蔵鉄道(チベット鉄道)旅行編」に登場しています)

nimuさんは日本に戻ってきてからまだ家に帰らずに(笑)、友人や旅で知り合った人たちを訪ね歩いて旅を続けているのです!
私は短期旅行でラサに行ったので、私にとって彼らは知り合った数少ない貴重な旅仲間でした。
一方、長く旅してきたnimuさんにとって私は100人を越す中の1人でしかないのですが、覚えていてくれて片田舎の町まで
会いにきてくれたことがとっても嬉しかったです。
地元に来てくれた時、もう1人nimuさんがインドで出会ったという地元の男の子も一緒に遊んだのですが、
話をしてみたらすごい偶然にも職場がめっちゃ近くて出身高校も同じで音楽の趣味にも共通点があってお互いにビックリ!
それぞれは別々の場所で出会っていたのがnimuさんを通じて「点と線が繋がった」いい出会いになりました。




8月8日
「ウイグル厳冬年越し旅行編」更新
Photo Travelogue「ウイグル旅行編」「イェキシェンベバザール 1 〜もうひとつの日曜バザール」をアップしました。
カシュガル一番の名物である「日曜バザール」に行かずに私が訪れたのは、「日曜バザール」という小さな村でした。
写真が多いので1〜3にセクションを分けています。まずは朝起きてから村に着いてすぐの出来事までです。

今週カシュガルで「事件」がありました。日本人記者が暴行を受けたというのもあって大きく報じられましたね…。
海外のニュースサイトを見ると事件の“背景”やウイグル族についての説明も加えてあるものが多かったですが、
日本の報道ではその辺が足りないように感じました。
事件がテロであるかそうでないか(例えば上海で起きた、警察に恨みを持つ人間が警官を何人も殺傷した事件)とか、
独立するのが良いのかどうかという事は私には到底分かりません。
私がただ思うのは、もしこの事件をきっかけに今後ますます締め付けが厳しくなってしまうとすればとても残念だということです。
とあるイギリスのニュースサイトで出ていたこの一文のように…。
  Most people in Kashgar, meanwhile, are simply fearful that their lives are about to get even harder.
  "We will be put under greater pressure," said the shop owner, making a gesture of a screw turning.
  "The future will be more and more difficult."




7月29日
「ウイグル厳冬年越し旅行編」本編開始
Photo Travelogue「ウイグル厳冬年越し旅行編」、本編アップ開始しました。
まずは
「Introductionカシュガルまでの遠き道」として、日本を出てからカシュガルに着くまでの長〜いお話からです。
諸事情により開始が遅れてしまいましたが、これからまたいつものようにぼちぼちと更新していきたいと思いますので
最後まで気長にお付き合いいただけたら嬉しいです。

先日、
コペンを初めての車検に出しました。もう3年経ったのか〜。そうだ、納車記念にひまわり畑に行ったっけ…。
めちゃめちゃ運転嫌いだった私がコペンのお陰で車であちこち出掛けるようになり、行動範囲がものすごく広がりました。
コペドライブネタもどんどん溜まってきてしまっているので、ウイグル編と平行してこちらも少しずつアップしていくつもりです。




7月15日
「ウイグル厳冬年越し旅行編」トップページを仮アップ
Photo Travelogue「ウイグル厳冬年越し旅行編」トップページだけ作りました。
と言っても文章はまだ何も書いてなくて、とりあえず写真だけ載せての仮アップです。アイコンはドタールです♪
今回もなんだかんだで写真が270枚くらいになってしまいそうです(懲りないね〜)
デジカメ画像をHP用に縮小したり場合によってはちょっと画像をいじったり(笑)するのに時間がかかるので
本編始めるのに今しばらくお時間いただきたく存じます…。

トップページ画像を変更
トップページの写真を入れ替えました。またまたチベットから。ラサのジョカン前広場で見た激シブじいさまです。
せっかくウイグル編始めるからウイグルのものにとも考えたんですが、季節があまりにも合わなくて…。
(いつものように歴代のトップページ画像の倉庫
Oasis CafeIndex Photo Historyも更新しています)

会社の昼休みに時々行く喫茶店があります。今の仕事を始めて3年半ですが、1年前くらいまで店の人と会話したり
なんかは特にしていなくて、ゆっくり雑誌を読んだりして過ごす店でした。
それがふとしたきっかけで店の奥さんと話をするようになり、去年の年末を控えた頃、「年末年始はどこか行かれるんですか?」
と尋ねられました。ちょうどインド行きを断念してウイグルに決めた時だったので「中国のウイグル自治区という所へ…」と
話したらある意味期待通りな「へ?それってどこ?」という反応でした。
でもそこの奥さんは好奇心旺盛な方だったので、帰国後写真のアルバムを持って行くとものすごく興味を示してくれました。
特にウイグルの人々の豊かな表情に驚き、雪のポプラ並木やロバ車の雰囲気も気に入られたようで、
店に飾りたいから写真売ってくれとまで言って下さったのでした。
冬が終わって暖かくなっても店には着膨れしたおじいちゃんとか子どもの写真が飾ってありました。
そして今日久しぶりに訪れてみると、気温33度とかあるのにまだウイグルの写真を飾っていて下さっていました。
奥さん曰く、直射日光が当たって写真が傷むと思ってしばらく写真を外していたそうですが、外していたら常連のお客さんから
「あの写真はもうなくなったの?好きだったのに」と言われたのでまた出してきたんですよ、とのことでした。
それを聞いて、どこかの見知らぬ方が私の撮ったウイグル写真を気に入って下さってた事に驚き、嬉しくなりました。
そして、ウイグルなんて言っても全く分からなかった奥さんとマスターが、「こないだニュースでここの事やってたよね」と、
写真だけでなくウイグルという土地にも多少なりとも関心を持たれていたご様子で、そのことも嬉しかったです。



6月25日
「スペイン&モロッコ編」リニューアル完了
Photo Travelogue「スペイン&モロッコ編」、リニューアル中で放置してたのを完成させました。
写真の数もちょっとだけ増やしてますが、元々ろくな写真がないのではっきり言ってしょーもないです
写真の下のコメントもないし、リニューアル前にはあったパリとバンコクの部分は削除してしまいました。
「旅行記もどき」も部分的にしかなくて未完成のままですが、もう10年近く前で記憶も薄れててやる気も出ず(笑)これで終了ということで。

先週はウイグルやチベットで聖火リレーがありましたね。
沿道の店を閉めさせたり観客は動員された人だけとか武装警官が数メートルおきに立って物々しい警備…などというのは
まぁ想像通りといった感じでしたが、沿道の建物は窓を開けてもいけないというのには驚きました。
カシュガルではTV生中継も直前に取りやめられたそうで、町の住民のほとんどがリレーを生でもTV中継でも見られなかったらしいです。
光景を想像したらシュールすぎでした…。

ところで、以前からやりたいと思っていたYouTubeへの動画アップ、1週間ほど前に初めてやってみました!
ここで何度もしつこく書いている、カシュガルの楽器店でドタール奏者アブ氏と出会った時の演奏の様子です。
彼の他の動画を見るともっと激しい超絶技巧の演奏なんかもあるのですが、この時のものはどちらかというと店の楽器を
軽く試し弾きしてる感じ(それでも当然すごいです)というかリラックスして楽しんでいる様子で、そんな雰囲気が伝わればと思います。
本当はもうちょっとマシな画質なのですが、アップしたら画質がぐっと落ちてしまって残念…表情なんか全然分からない〜トホホ。
今後、ぼちぼちとこれまでの旅の写真のスライドショーなんかもアップしていきたいなと考えています。




6月12日
「青蔵鉄道(チベット鉄道)旅行編」更新
Photo Travelogue「青蔵鉄道(チベット鉄道)旅行編」「最後の朝」をアップしました。
これでようやく、チベット編は完結ということになります。
完成までに、旅に出てから1年3ヶ月ほど経ってしまいました。
なかなか自分の思うことがうまく文章で表現出来なくてもどかしいのですが、とりあえずやり遂げられてホッとしてます。
写真多すぎるのはダメですね。文章も苦手だけど物事の取捨選択も苦手で、ついついあれもこれもと欲張ってしまうんですよね〜。
遅々として進まない更新に見捨てずおつきあいいただいた皆様、本当にありがとうございました!
ご感想など、メールや掲示板なんかにちょろっと書いて下さったりしたら飛び上がって喜びます(笑)

今後はすぐウイグル編に入るか、やりかけで放置プレイ中の他のページをなんとかするか、考え中です。

今週はじめにパスポートの更新手続きに行ってきました。
前回が1998年6月〜なので、『シルクロードで始まってシルクロードで終わったパスポート』となりました。
もうあんなにスタンプやビザがいっぱいになることは2度と無いんだろうなぁ…寂しい限り。



6月1日
「青蔵鉄道(チベット鉄道)旅行編」更新
Photo Travelogue「青蔵鉄道(チベット鉄道)旅行編」「民家訪問」をアップしました。
いや〜、とうとうラサの旅もあと半日というところまできました。
無駄に写真が多いからやたらと時間がかかってしまいましたが、多分あと一回でチベット編は完成になるかと思います。

前回の更新(5/16)時にここに書かせていただいた、カシュガルの楽器店に行って下さった方の話ですが、
ここにアップした後メッセージを頂戴しました。その中で、
お兄ちゃんがこちらの説明中に頷きだしたときは本当に嬉しくなりました。
日常の中で1回きり起こった出来事ではあるのだけど、人のつながりを確認できる瞬間に立ち会えて本当に嬉しかったです。
…と書いて下さって、私も心の底から嬉しくなりました。
旅での出来事はほとんどが一期一会でその後に繋がる事なんて滅多にない(旅人同士が帰国後もメル友や旅友になることはあっても)
のですが、こんなこともあるんだな〜と、旅の良さや人の縁のありがたさ・温かさというようなものを
(うまく表現出来ないけど)しみじみ噛みしめています。旅が好きでヨカッタです。

今年も「姫路バラ園」に行ってきました。
Oasis Cafeにアップ出来る日がいつ来るか分からないので(笑)ここに2枚アップしときます。

 



5月16日
「青蔵鉄道(チベット鉄道)旅行編」更新
Photo Travelogue「青蔵鉄道(チベット鉄道)旅行編」「トルコ石の輝き 〜聖湖・ヤムドク湖」をアップしました。
今回のチベット旅行最後のイベントとなる、ヤムドク湖への日帰りドライブ旅行です。
次回は湖からの帰りに立ち寄った集落の民家訪問の様子です。
まだ新しいパソコンとソフトに慣れてなくて、ソフトが途中で落ちたりして苦労してますがどうにか更新出来ました。

因智喜旅遊を通じて知りあった方がこのGWにウイグル旅行
タクラマカン砂漠を縦断するツアー)に行かれました。
当初はチベットへ行かれる予定だったのがツアーが不催行になったため急遽ウイグルツアーに変更されたそうです。

出発される前に何度かメールでやりとりしていたら、奇特にも私がカシュガルでドタール演奏家に出会った楽器店に
時間があれば立ち寄ってみると仰って下さいました。
私のことを覚えてくれてるのか、また、私が帰国後郵送した写真をお店の壁に飾ってくれているのかどうか…。
 ※ 楽器店での出来事は、このページの下の方、1月23日と2月17日の内容をご覧ください。
ドキドキしながら帰国を待っていると、帰国後報告のメールを送って下さいました。
その内容をご本人の承諾を得て一部転載します(ピンク色の文字が転載部分です)

店にはいると、人だかりが出来て楽器の商談の最中。脇をすり抜けて写真がべたべた貼っている所に行って確かめると、
みぽさんがおっしゃってた写真は貼ってありませんでした。

商談は終わりそうになく、集合時間も近づいていたので、商談に割り込んで「英語話せる人いる?」と聞くと、
商談の一方の男性が「僕だけど」と。
それで、「今年の1月にここに一人で来てドタール奏者の写真撮って、後日その写真を送ってきた女性のこと憶えている?」
と聞くと、こちらが話している途中からうなずき始めて「勿論憶えている。写真ももらったんだけど、壁はもう写真で一杯
だから家にあるんだ」との回答でした。ちゃんと彼の中ではみぽさんのことははっきりと憶えられていましたよ。
写真貼ってくれればいいのにねえ。。。
最後にみぽさんのメッセージを伝えると、「また来てくれ、待ってるよ」とのことでした。

商談もまだ終わっていなかったので、それ以上話し込むことも出来ませんで、店をあとにしました。

――という結果でした。
写真貼ってくれてなかったのか〜〜壁もまだいっぱいって感じでもなかったと思うけどなぁ(笑)
私にとってはものすごく印象に残った出来事でも楽器屋の兄ちゃんにしてみれば日常のひとコマだったわけで…。
それでも記憶には残ってくれているようで嬉しかったです。
ただ、メールを読んでて「ん?」と思ったのは、看板にも店名がカタカナで書いてあるし(笑)という一文。
私の記憶にも撮ってきた看板の写真にもカタカナは無かったと思うんだけど??
そこで私が撮った看板の写真をメールで送ると、その方からも写真が。全然変わってしもてるやん!

   ↑1月の時点  ↓5月にはこうなってました(いただいたメールの写真より)


上のは私が撮ってきたもの。夜だったので暗いのもあるけど、それでも全く新しい色鮮やかな看板に変わっていました。
店の人からしたら商売だからキレイな看板で日本語も書いて日本人観光客も来てほしいと思うのは当然です。
だけど、あまのじゃくな私は、上の写真のような味があって日本語もない看板だったから
数軒ある中からあの店を選んだようなものだったので、勝手な事と分かっててもちょっぴり残念というのが本音。
(ほかの楽器屋は下の写真と似たような看板でやはり日本語が書いてあったりする)
もし、1月時点で今の看板だったら、どこも同じような店だから私はその店を選んでいなかったかもしれません。
そう考えるとあの時古い看板で良かったなぁとしみじみ思いました。
あの味のある看板じゃなかったら、ドタール演奏家アブ氏にも出会う事はなかったはず…。
そうそう、それとその方もアブ氏(略しすぎ)のCDを現地で買ってこられたそうです。
 ※ アブ氏の演歌調な『Bilim Ishqida』とほかの歌手が歌う同じ曲(クリックするとYoutubeに飛びます。音に注意

ちなみに、このページの4/29分に書いた読売新聞の記事(あちこちで美化という名目で壊されたりしているという話)
と関連しているかどうかはっきり分かりかねますが、いただいたメールには
カシュガルの職人街ですが、おっしゃるようにかなり家の建て壊しが進んでいて、これで再生するのか、
それとも追い出しにかかるのか、よく分かりませんでした。 …とありました。
私が行った時も営業していない店が多く、でもそれは観光シーズンじゃないからかなと考えていたのですが、
追い出されてるのかそれともただ建て直してるのか、私にはよく分かりません。次行ったらどう変わっているのかなぁ。

最後に、時間の限られたツアーの自由時間にわざわざ楽器店を訪ねていっていただき、
また、ご丁寧なレポートを送って下さった
motoさん、本当にありがとうございました!!
心より感謝申し上げます。お陰様で何もないGWがちょっとした妄想的ウイグル気分でした。ラフマット!



5月12日
更新テスト…
すみません、コンテンツの更新ではありません。
土曜の朝、新しいiMacがうちにやって来ました。分不相応にも最高スペックなカスタマイズ24インチモデル
画面がでかすぎて首が痛い。まぶしすぎて
目がチカチカ。流石に何をしても処理は早いけど。
で、問題なのは、これまで使っていたiMacとはOSが変わって、今まで使っていたHP作成ソフト
(9年前から愛用してた超古いやつ!)が使えなくなってしまい、スキルのない私は
それに代わる簡単で使いやすいソフトがなくて非常に困っているのです。
予想より随分早く届いてしまったから準備が全然できていませんでした。
とりあえずフリーの「KompoZer」というソフトを使ってみようとしています。
しかし、なぜかトップページが“不明なエラーで編集できません”となってしまう…うわ〜んなんでや!
試しにアップしてみたら出来てるみたいやけど??
一応この更新記録ページは不明なエラーが出ないから大丈夫かな?
というわけで、今日はテストです。トップページと格闘して何時間もかかってこんな時間(夜中2時)に。疲れたー。
Mac用のビルダーがあればいいのに。今更ブログにするのも抵抗があるしなぁ。
何かおかしい所とかレイアウト崩れたとかあったら教えて下さい。
早く新しいMacと新しいソフト(ページの転送ソフトも変わってまだよく分からん)に慣れてちゃんと更新できるようがんばります。
『ネタ』はあるのに〜!!(フフフ)



4月29日
「"Smiley" Copen」更新
コペンの親バカコーナー"Smiley" CopenDrive memoに、「広島県廿日市市宮島 厳島神社(花火大会)」
「香川県小豆郡 小豆島 寒霞渓ほか(紅葉)」「兵庫県たつの市新宮町 東山公園&宍粟市波賀町 原不動滝・音水渓谷(紅葉)」
の3つを一挙アップしました。
厳島神社なんて、去年のお盆休みの時のです…何ヶ月経っとんねん!
今年の桜ドライブのものなどはまたまた先の更新になりそうです。多分チベット旅行編終わってからかな。

桜が散るのと入れ代わるように、通勤路のイチョウ並木の若葉がどんどん出てきました。
1週間くらいであっという間に枯れ木のように見えたイチョウが鮮やかな黄緑色へと変わっていく姿に感動し、
同時に、過ぎ去っていく時間もまたなんと早いことか、と感傷的にもなりました。
雪と葉っぱのないポプラ並木がモノトーンの印象だったカシュガル周辺も、今はきっと緑がいっぱいになっていることでしょう。
桜吹雪を見ては雪の舞うウイグルを思い出し、緑のイチョウ並木を見てはまたウイグルに行きたいと思う。嗚呼。

先週金曜日くらいの読売新聞朝刊、3面をめくると見覚えのある場所の写真が目に入りました。
それはカシュガル中心部エイティガール寺院の裏手にある道のケバブ屋さん。行ったことのある人には写真見たらすぐに分かる店です。
道に面した店先でケバブを焼くためのとんがり屋根がついた什器(表現が難しい)が撤去されてしまったという記事でした。
なんでも、聖火リレーのために『町の美化作戦』とかいう名目で道端のケバブ焼き台やナンを焼く釜などが撤去されたり壊されたりしたそうです。
「明日からどうすればいいのか」という店の人のコメントも…。
今回の旅行中毎日通っていた道のよく見覚えのあったケバブ屋の写真だったのでものすごくびっくりしました。
別にそんな路地を聖火リレーが通るわけでもないだろうに…おそらく適当な理由をつけてとっぱらってしまったんだと思います。
この記事をリンクしようと思って読売のネット版で探しましたがありませんでした。
なので新聞をスキャンしてここに貼ろうと思ったら既に粗大ゴミに出されてしまった後でした…。

記事といえばもうひとつ。
私はこの下の4/23更新分に書いていた天台宗別格本山・書寫山圓教寺(書写山円教寺)のお坊さんがチベット問題に関する声明を
出してネットではけっこう話題になってたのにマスコミには取り上げられないと書きましたが、
その後すぐの4/25の神戸新聞に、全く偶然ですが「チベット問題で声明、反響200件 円教寺大樹執事長」という記事が載ったようです。
(リンクはそのうち切れてしまうと思います)
地元の神戸新聞くらいはせめて取り上げて欲しいと願っていたので良かったと思いました。4月初めの声明なのに載せるの遅すぎるとはいえ。


(これはおととしのGW中、5/3に撮影したものです。もうイチョウ並木は緑がいっぱい)


4月23日
「青蔵鉄道(チベット鉄道)旅行編」更新
Photo Travelogue「青蔵鉄道(チベット鉄道)旅行編」「セラ寺 2」をアップしました。
問答をしているお坊さん達の表情を中心に並べてみました。
真剣に青筋立ててやってる人もいるし、だらだらと遊び半分っぽくやってる人もいて面白かったです。

つい先日もニュースでセラ寺の僧侶が400人以上も拘束されたというのを読みました。
聖火リレーがどうのとかやってる間にも、こうやって弾圧は続いています。
聖火リレーといえば、善光寺がリレー出発地を返上したのは珍しく日本がはっきりとした行動をしたなと個人的には嬉しかったです。
地元の方とか残念だった人も多いとは思いますが。
善光寺がリレー辞退したのよりももっと早い4月5日、あるお寺のお坊さんが単独でチベット問題についての声明を発表しました。
まだ日本の仏教界からほとんどコメント等発表されていなかった時にです。
声を上げることによって何らかのリスクが発生する可能性もあったのに、勇気を持って声を上げたお坊さんはすごいと思いました。
なかなか出来ることではないですよね。今はあちこちから声明が出たりしていますが、この方が最初に行動に出た影響はけっこうあったのではないかと思います。
そのお坊さんとは、我が因智喜旅遊のOasis Cafeの中の「書寫山圓教寺・修正会(鬼追い会式)」と「書寫山圓教寺・月見の宴(観月会)」で出てくる
天台宗別格本山・書寫山圓教寺(書写山円教寺)の方なのです。
私はそこの檀家でも何でもないのですが、日本に、しかも地元のお寺にこのような方がいて大変誇りに思います。
ちなみにこの事は、生出演で声明を発表した関西ローカルのTV番組以外では、マスコミにはほとんど取り上げられませんでした(なんだかなぁ…)。
しかし個人のブログなどでは検索すると数多く取り上げられているようです。YouTubeでも番組出演時の動画がたくさんアップされています。
興味のある方は検索してご覧になってみて下さい。


4月6日
「青蔵鉄道(チベット鉄道)旅行編」更新
Photo Travelogue「青蔵鉄道(チベット鉄道)旅行編」「セラ寺 1」をアップしました。
セラ寺(色拉寺)は修行僧たちが庭で行う『問答』で大変有名なお寺です。
写真の数が多かったので問答の様子は次回の「セラ寺 2」でアップします。

3/14に更新した際、偶然その日にラサで大きな事件があったことが報道されましたが、その後毎日のようにチベット関連のニュースが流れていますね。
しかし報道陣が現地に入って自由に取材することは許されず、現実に起こっていることを把握することはできません。
5/1からは一般の観光客なども受け入れ再開との事ですが…真実は語られないままになってしまうのでしょうか。
私などはただ傍観するしかできないし何が正しいかなど判断したり言ったりする立場にはありませんが、
今後とも可能な範囲で常に情報に気を付けていくつもりです。縁あって訪れた土地ですから。
ちなみに主なニュース情報はgoogleニュース(日本語英語)やBBC等でチェックしています。
 (3/14の更新で「見出しを読んだだけで胸が痛く」と書いたけれど決して「見出ししか読んでない」わけじゃありませんから…
  そりゃあ100%全てのニュースに目を通せてはいませんが、まともに情報収集もしていないかのようなご意見があってショックでした)

最近はウイグル関連もいくつか報道されてますね…ホータン・ウルムチ、そしてカシュガルでもデモが起こったとのこと。


3月18日
トップページ画像を変更
トップページを、前回と同じくチベットですがラサ郊外にあるセラ寺のお坊さんのものに変更しました。
今回の一連のチベットでの事件では、このセラ寺の僧侶たちもデモを行ったりしたみたいです。
この写真のお坊さんは、セラ寺の名物となっている『問答』をしているところです。
ちょうどほぼ1年前の写真ですが、「この人は今無事でいるのだろうか」などと思ってしまいます。
本当は、春だしそろそろヨーロッパの春らしい写真でも…と思っていましたが、敢えて今回もチベットにしました。
(いつものように歴代のトップページ画像の倉庫
Oasis CafeIndex Photo Historyも更新しています)


3月14日
「青蔵鉄道(チベット鉄道)旅行編」更新
Photo Travelogue「青蔵鉄道(チベット鉄道)旅行編」「ポタラ宮」をアップしました。
ポタラ宮は内部が写真撮影できないので、外観と写真禁止区域に入るまでのものしかありません。
宮殿の正面側の道沿いには五体投地をするチベット人がずらーっと並んでいたのがすごい光景でした。
次回はチベット仏教独特の『問答』で有名なセラ寺です。

ここんとこ、チベット関連のニュースが増えてきています。オリンピックが近付いてきて、中国への抗議行動が
国際社会から注目されるので、彼らにとってはチャンスだからだと思います。
今日も『チベットで大規模デモ、放火も 僧侶10人逮捕』というようなニュースをネットで見ました。
ウイグルもまた、この機会をとらえて行動に出る可能性もないとはいえません。
国際社会へのアピールは大いに良いことだと思いますが、テロという形だけはしてほしくないです…(政府側の不当な弾圧も)。

…と書いてアップした後でヤフーニュースを見ると更に記事が増えていました。上と同じ事件の記事ですが
 『チベット自治区ラサで大規模暴動…商店に放火、数人死亡か』
 『チベット騒乱!僧侶が五輪開催に抗議 店舗や車炎上』
 『ラサの暴動、ダライ・ラマが「事態を深く憂慮」と声明』 等々
見出しを読んだだけで胸が痛くなってきました。弾圧もひどくなりそうだし、いったい今後どのような展開になっていくのでしょうか…。


3月2日
「青蔵鉄道(チベット鉄道)旅行編」更新
Photo Travelogue「青蔵鉄道(チベット鉄道)旅行編」「爽風のごとく〜ガンデン」の残りをアップしました。
次回は世界遺産・ポタラ宮を訪れます。

今日は私の住む地方はとても良いお天気で、久々に愛車コペンを洗車して、今年の初オープンで走ってきました。
去年は1月とかでもあったかかったから何度かオープンにして走った記憶がありますが、今年は寒い日が多く週末は雪が降ったりして
今日まで一度もオープンに出来ませんでした。去年の秋以来のオープンドライブ、気持ち良かったなぁ〜。
しかしもう黄砂が飛んで来るらしいですね。春も来ないうちに黄砂なんて…。
迷惑な黄砂ですが、「ウイグル辺りから飛んで来た砂なんだよな」と考えるとなんかスゴイような気もします。


2月17日
「青蔵鉄道(チベット鉄道)旅行編」更新
Photo Travelogue「青蔵鉄道(チベット鉄道)旅行編」「爽風のごとく〜ガンデン」を一部アップしました。
今回のチベット旅行で私が最も印象的だったのがこのガンデン寺でした。
現在トップページを飾っているお坊さんの写真も今回の更新の中に出てきます。
しかし旅をしてから1年近く経っているのとその後に年末年始のウイグル旅行があったこともあり、
だんだんと思い出すのに時間がかかってしまっています。やべぇ〜。
------
それでまたウイグルネタの続きを。
前回ここで書いたカシュガルの楽器店に写真を送った話ですが、EMS(国際スピード郵便)で送ったので
なんとたったの5日で届いたようです。ウイグル自治区の首都ウルムチから日本に宛てて送ったエアメールの絵はがきが
だいたい2週間かかったことから考えてもすごい早かったです。
EMSは日本の宅急便みたいにネットで追跡が出来るので、一日に何度もネットでチェックしてはドキドキしてました。
北京を出発したとかウルムチに着いたとかほぼリアルタイムで分かるようになってるのです(画像参考)。
で、カシュガルに到着して楽器店に無事届くと、なんと受取人の名前まで分かるようになっていました。

すんごい便利な世の中なんですねぇ〜〜ほんとに感心しました。
楽器店の兄ちゃんが英語話せたからもしかしたらメールでも…と思って自分のメアドを書いておいたのですが、
残念ながらメールは来ませんでした。兄ちゃんがメアド持ってるかどうかわからんし。
でもとりあえずちゃんと届いてるのが確認できただけで満足してます。

さて、例の『ドタール・キング』アブ氏の歌はこういう感じです。「Aynak」(Mirror)という曲をどうぞ。
(全て新しいウィンドウで開くので見終わったら閉じて下さい)
時間帯によってかなり重いです。また、クリックすると音が出るので職場とかで見てる方は注意!!(笑)
http://www.tudou.com/programs/view/dxL9kVDBVTw/

同じ曲をDilnar Abdullahという有名な舞踏家&歌手が歌っているのも発見しました。
http://youtube.com/watch?v=r3k1Q-nCUhY
随分感じが変わりますねぇ。一昔前の日本の歌謡曲のようで、『NHK歌謡コンサート』で歌ってそうな感じ。
あと、 そのDilnar Abdullahさんが今年の中国の春節ガラコンサートで
「Qizlar」(Girls)という曲をカバーしていました。
(こっちのほうはキング氏の歌う『元歌』の動画が見つからず、音声のみですが元歌はこちらのウイグル音楽のページの中にあります)
http://www.56.com/u86/v_Mjg3NDY5NDc.html
ウイグル民族衣装で歌いながら踊ってます。
更に、その「Qizlar」を人気実力派歌手
Mominjanが歌っています。
http://www.youtube.com/watch?v=fCRreHgmZcQ
これまたなかなか格好いいアレンジやないですか!

更に更に、Mominjanはアブ氏の「Rastchilliq」という歌もカバーしています。
まずは元歌を。曲調に似合わないキラキラした電飾の中、白スーツで歌っているのが笑えます。
http://www.56.com/u55/v_MTU4NzAwNTI.html
カバーされた曲は題名が違っていて
「Guzellik Sende」(Beauty on you)という題名になっていますが同じ曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=BepNvCrSxGs
トルコ圏のポップミュージックを御存じの方なら
「出た!いかにも!」って感じがすると思います。この感じ、私も大好きです。

どれもシンプルなメロディで覚えやすいからか、何回か聴いてると頭にこびりついて一日中曲が回ってしまいます。
キング氏は弾き語りフォーク歌手なので今の若い世代には広く受けないかもしれませんが、
こうやって他のミュージシャンがカバーしたりしてるところを見ると影響力あるんだろうなぁと思います。
ちなみに彼自身は古くから歌い継がれている曲も歌ったり、近現代のウイグル詩人の詩に自作の曲を付けて歌ったりしているようです。
ですので「元歌」と言いつつも本当はもっと古い「元歌」があるのかもしれません。そこまでは語学力がないので調べきれません…。
いやはや、毎日こんな風にネットで調べものばっかりいるので寝不足&肩凝りがひどく、ついに風邪までひいちゃいました(笑)

それにしても、今日アップしたチベットのお坊さんにしろウイグルのドタールキングにしても、
やはり旅で一番思い出が残るのは結局
『人との出会い』、これに尽きると思いました。
素晴らしい風景ももちろん深く印象に残るけど、人間の場合は体温というかなんというか表現は難しいですが、
そういったものがある分だけより一層深く記憶に残るのかもしれません。


1月23日
「青蔵鉄道(チベット鉄道)旅行編」更新
Photo Travelogue「青蔵鉄道(チベット鉄道)旅行編」「ジョカン」をアップしました。
ジョカンとは「大昭寺」ともいう、ラサの中でも最も重要で神聖なお寺です。ラサ旧市街の中心にあります。
前回のチベット鉄道旅行編アップから1ヶ月経ってしまっていました。今日はがんばったんで写真28枚あります。
早くしないと3月後半には旅に出て1年になってしまいますね…。
出来るだけスピードアップしていくつもりですので見捨てずに覗きにいらして下さいね。
------
今回のウイグル旅行の中で、カシュガル滞在最後の日のいちばん最後に民族楽器製造販売店を訪れました。
民族音楽が大好きなんだけど楽器は弾けないからミニチュアの楽器でも自分用のお土産に買おうと思っていたので。
入口を入ると狭い店の中におじさんたちがいっぱいいて、その中の1人が楽器を奏でていました。
それがまたやたらと上手なのでビックリして、しかもかなり男前だったので断わりも入れずに写真を撮ったり
コンパクトデジカメの動画を撮ったりしました。
勝手に撮ったりして怒られるかな?と心配になったのですが、演奏が終わって拍手をすると笑顔で迎えてくれました。
店のお兄さんが英語が話せる人で、「彼は有名な演奏家だよ」と教えてくれました。
へぇ〜そうなんや!と感心して、お兄さんにウイグル民族音楽のCDが買いたいと話すと
その演奏家さんが出しているCDをメモ帳に書いて教えてくれました。
教えてくれただけでなく、私が迷わないように気遣ってくれて近所のCDショップまで付いてきてくれました。
楽器屋のもうけに全くならないというのになんと親切な…(後でミニチュア楽器買いましたけど)。

演奏家さんも有名人にしてはとても気さくな人で、全く言葉通じないのに私のメモ帳に自分の携帯番号を書いて
「ウルムチに来たらかけてきなさい」と言うオチャメさに私はノックアウト(笑)
かけたとしても「ニイハオ、シェシェ、ツァイチェン」で会話終わってしまうやん〜。
しかも、店のお兄さんを通訳に介して「お食事でもどう?」とまで言ってくれました。
その時の私は何故か「そんな、言葉通じないのにお食事に行ってどないやって会話するのよ!?」と動揺し、
「ホテルに帰って用事のメールをしないといけない」などと今思えば全くど〜うでもいいことが気になってしまい
せっかくのお誘いを受けずに(記念に2ショット写真は撮ったけど)店を出てしまったのでした。
言葉なんてそれまでにもどうにでもなっていたのに。

帰国してからその人のCDを聴いてみると、民族楽器(ドタールという2弦のリュートのような楽器)の演奏家だと思っていたら
ドタールを弾きつつ朗々とした美声で歌うドタール弾き語りの歌手でした。
更に、Youtubeなどにその人が歌っている動画をいくつも発見して興奮!
コメントにも「Dutar King」とか「master of master」「Dutar Hero」などという賛辞が書かれていたり。
格好つけた表情で歌っている動画と手許にある2ショットした時のカワイイ笑顔の写真を見比べると不思議な感じがします。
そんなドタール・キングさんからの食事のお誘いを断ってしまった私ってバカバカバカぁぁーー!(笑)
……とミーハーっぷり満開な私です。
でも単に有名人だからというだけでなく、ウイグル人らしいステキな笑顔と優しい瞳が本当に印象的な人だったのです。

話が長くなったけど、そんなわけで、いきなり飛び込んだ私に優しく親切に接して下さった店の方々と
ドタール・キング氏へのお礼にと、店で撮った写真を昨日郵便で送りました。
店の壁にはそこを訪れたミュージシャンと思われる人たちの写真がたくさん貼ってあって
ドタール・キング氏も自ら「ほら、これオレ」と自分の写真を指差して見せてくれたのですが、
その写真がはっきりいってイマイチで全然カッコ良く無かったから、手前味噌ですが私が撮った写真を送って
店の壁に貼っていただけたら嬉しいなと思った次第です。無事届いてくれたらいいんだけどなぁ。

 
送った写真のひとつがこれです。これはちょっと表情分かりづらいけど渋いので気に入った1枚。
隣は2ショット。私の楽器の持ち方が変!顔も変なので隠しておきます。キングは私がミニチュア持ってるのを見てわざわざ置いてた楽器を持ってくれました。

それと、ネットで調べててこんな記事こんな記事も見つけました。
古い記事なので今でもそうなのか分からないですが、ウイグル民族歌手として中国との間で微妙な立場にいるんだなぁという事を知りました。
興味がある方は読んでみて下さい。(名前の綴りが違いますが同一人物です)
それにしても、去年秋のスコチッチさんといいこの人といい、私ってミュージシャンに惚れやすい体質のようですな。


2008年1月7日
ウイグル旅行から帰ってきました!

あけましておめでとうございます。本年も因智喜旅遊をよろしくお願いいたします!
2007年12月28日〜2008年1月6日までの中国・新疆ウイグル自治区(ウルムチ、カシュガルとその周辺の村々、クチャ)
年越し旅行から昨日の夜帰ってまいりました。

旅のはじめのウルムチは未体験な寒さ(マイナス20度くらい)でした。
ウルムチから飛んだカシュガルでは思いもよらず毎日雪が降ったりやんだりという天気で、
一面真っ白なポプラ並木の道は見ているだけだととても幻想的で美しかったのですが、雪道に慣れていない私は
気温が低くて雪が溶けずカチンカチンに固まったままの凍り付いた道を歩くのに大変苦労しました。
そんな厳冬のシルクロード旅行でしたが、だるまさんのごとく着膨れしていたのと、現地でお世話になった方や
ウイグルの人々の根っからの明るい笑顔とホスピタリティのお陰で心は暖かくなれて寒さも大した苦痛ではありませんでした。
それと、ウイグルの人々は基本的に写真大好きっぽくて、こちらから頼まなくても「私を撮って〜」とか
「このおじいちゃんも撮ってあげて」とか相手から言われる事が多く、ひとびとのスナップを撮るのが
とっても楽だったのが嬉しかったです。ホント明るい人たちが多くて私も自然と笑顔になる毎日でした。
町の移動では予想外な事も多少ありましたが、体調も崩さず元気に過ごす事ができました。

早く写真どんどんアップしたいんだけどまだ『青海チベット鉄道旅行編』が半分も完成していない(笑)もんで、
今回のシルクロード・ウイグル旅行編はずっと先になってしまうと思います…。
ですがとりあえずはここで一枚アップしておきます!
カシュガル近郊の村のバザールでのひとこま、
シシカバブに食らい付くおっちゃん
今回自分が撮った中でもかなりインパクト強い一枚です。


過去のWhat's New ? はこちらに・・・


inchiki tour top

copyright mipo,All Rights Reserved