Collections  tableware

海外旅行をするようになるまで、私は古伊万里とかの骨董を集めたりするのが大好きでした。

古伊万里と言っても大した物は持っていませんが、
そばちょこや小皿を少しづつ買っていました。

江戸時代から、長い時と道のりを旅して私の元へやって来た古伊万里たち・・・。

まだウズベキスタンの名前さえ知らなかった私でしたが、

その時すでに「旅」に引き込まれてゆく自分の運命を、

無意識に感じ取っていたのかもしれません(大げさ)。

旅をするようになってからは、その国の食器にも興味を持ち始めました。

なるべく地元の人々が使っているような物を選んできて、

日本に帰っても飾っているだけでなく実用しています。

器は、使ってこそ美しく、その価値があると考えているからです。

あ、でもトルコの絵皿は例外です・・・。


フランス

パリには何カ所も蚤の市がありますが、私が気に入ったのは「ヴァンヴ蚤の市」。
規模は大きくないけど骨董関係が多く、安い食器類もたくさんありました。
ただし午前中でほとんど閉まるので要注意。
上は1フランか2フラン均一の店で買ったガラス類。帰国時に一個割っちゃった。
下は真鍮の葉っぱ型お皿。アクセサリー置きにしてます。



collections top