"Smiley" Copen コペンでお出かけ

  Drive memo 2006.4.9 兵庫県 淡路島一周

待ちに待った春到来!オープン日和!
というわけで、この日は花見を兼ねて淡路島一周ドライブにやってきました。
行き帰りとも明石海峡大橋を通るのも芸がないので、行きは明石の港から出ている
「たこフェリー」で淡路に向かいました。ちょうど橋の下をくぐっていきます。

明石から淡路島の岩屋までたこフェリーでだいたい30分程度。けっこうあっという間です。
中には喫茶や売店などもちゃんとあったけど、私達は潮風に吹かれるデッキにずっといました。

これはフェリーの車置き場。やっぱりコペンかわいいとまたまた自己満足親バカっぷり丸出し。
コペン買って半年以上になったけど毎日毎日かわいいと言い続けている私です…。

さて岩屋港に着いて、淡路島の東の海岸沿いの国道28号線をずーっと南へと走りました。
目指すは「諭鶴羽(ゆずるは)ダム」です。淡路の桜情報をネットで検索していて見つけたこの場所は
ダム湖沿いにずらっと800本のソメイヨシノと書いてあったのでここに決めました。
近付いてくると、本当にダム湖をふちどるように淡いピンクが!キレイ!

お天気が快晴でなかったのは残念でしたがなかなかスゴイ。
そしてこの湖沿いの細い道へと車が次々に入って行くのを見て私達も徐行で走り出しました。

道がかなり細いので一方通行でゆっくりゆっくり桜のアーチの下を走ります。
オープンにして走ると、頭上を桜が通り過ぎていくのがなんともいえない感動!!
ああ。オープンカー最高…。
ピクニックをしている人たちもけっこういましたが、そんなに激混みでもなく適度なマッタリ感で、
車を停められる場所もあるし、ここはかなり素晴らしいお花見スポットではないでしょうか。
(姫路城三の丸広場なんて桜より人の多さにビックリですから)
途中2度車を停めて写真撮ったりちょっと歩いたりしましたが、やはりオープンで桜の下を
通るのが何より最高だったので、結局ダムの周りを2周しました(笑)

ダムを後にして次に向かったのはダムからもそう遠くない場所にある「護国寺(賀集八幡)」です。
これもネットでリサーチした場所で、ちょうどこの日は「桜まつり」の日だとか。
近くまで来るとすごいたくさんの人が歩いてたのでビックリ。祭りだからねぇ。
車を停める場所が分からず交通整理をしていた警察の人に尋ねると、近くのスーパーの駐車場に停めろとのこと。
行ってみるとやはりすごい車だらけでした。それでも無事駐車できていざお寺へ。

参道沿いが桜並木になっていて、その下を子ども連れや若い子たちが大勢歩いていました。
地元のだんじりが10台くらい繰り出し、桜がなかったら秋祭りのようでした。
ここもなかなかキレイだったけど、初めに行ったダムのマッタリさとは反対の賑やかさで
マッタリ好きな私達はあまり長居せずに一通り見たら退散しました…。

お花見は一応これで終了。あとは渦潮を見て西側の海岸沿いを走って終了です。
淡路島の南端にある道の駅うずしおを目指して出発。

この時期うずしおがデカくなっているとTVで見ていた私はもうめちゃめちゃ期待してました。
着いたのはまだ2時台でしたがうずしおが最大になるのは4時半と書いてあったのでそれまで昼食タイム。
4時半頃になって展望台へワクワクしながら行ってみると…
「ん?うず潮どれやねん??」
いくら目をこらしてもどこに渦があるのかさ〜っぱり分からない。他の観光客も同じのようだ。
鳴門大橋の右側や左側を何度も行ってみたけど結局分からず終い。なんでや!
道の駅の店員さんに聞いてみると、今日は風が穏やかだから潮の流れが緩くて渦が見えないかもとの事。
そんなぁ〜〜〜。
でも、ずっと眺め続けていると渦に見えるような気がするようになってきました(笑)
「あれ、あの光ってるとこ渦とちゃう?」「そうや渦や!」てな具合に。

実際あれがうず潮だったのか良く分からなかったけど、見たという事にして道の駅を離れました。
帰りは「サンセットライン」という道を、その名の通り夕陽を西に見ながら走りました。
春霞のぼんやりした夕陽でしたが気持ちの良い夕暮れドライブを満喫して北へ。
そしてライトアップされた明石海峡大橋を渡り本州へ戻りました。
春の淡路一周ドライブ、ほぼオープンのまま走れてよかったです。また秋にでも行きたいなぁ。

Drive memo link

淡路島の桜の名所 (淡路ブロードバンド株式会社)

たこフェリー (明石淡路フェリー株式会社)

道の駅うずしお・鳴門みさき荘


inchiki tour top > "Smiley" Copen > Drive memo
copyright mipo,All Rights Reserved