2010 Uyghur (Kashgar, Yarkand and Tashkurgan)



―はじめに ―

2010年9月、国としては出張も含めて7回目・地域としては4回目になるウイグル9日間の旅に出ました。
私にとって4回訪れた地域はウイグルが初めてです。

「またウイグルですか!?」と周りからも言われたけど、ウイグル自治区は広いのです!
今回は、初めて行くパミール高原の町タシュクルガンがメインの目的地でした。
カシュガルからパキスタンの桃源郷フンザ方面に抜けるカラコルムハイウェイ沿いにある国境に近い町。
美しい山々に囲まれ清涼な空気に満ちたその町は、トルコ系のウイグル族とは違う
ペルシャ系のタジク族が多く住んでいて
それまでに訪れた町とはまた違った魅力に溢れていました。
でも、人懐っこくてもてなし好きなところはウイグル族もタジク族も変わりませんでした。

拠点はやっぱり大好きなカシュガル
しかしカシュガルは『再開発』や『地震対策』の名の下に旧市街の家々が一部で取り壊されはじめており、
瓦礫の山と化した旧市街の路地を見るといち旅人としては複雑な心境に…。
だけど、町の姿は変わっても人々は変わらない笑顔を向けてくれて、
やっぱりカシュガルはカシュガルなんだと改めて感じることができたのは大きな喜びでした。

また、2007-08年の年越し旅でカシュガルで知り合って2009年の旅でウルムチで再会した民族楽器の演奏家“アブ氏”に
今回もウルムチでお会い出来たら…と思って出発前に人に頼んで連絡を取っていただいたところ、
なんとも良いタイミングでちょうどカシュガルに帰郷してるとの事で、またお会いすることが出来ました。

しかも最後に信じられないようなサプライズもあり…!

カシュガルからは日帰りでヤルカンドという町にも行ってきました。
日曜の公園でおじいちゃんたちが元気に歌い、踊り、短時間の滞在だったけど写真撮りまくり。
なんでこんなにみんなエエ表情なんだろう!!

とにかく今回の旅行は、現地の人々も出会った旅行者たちもステキな人だらけでした。
拙い写真と文章ですが、少しでも私の感動や喜びが伝わればなにより嬉しいです。
さぁ、これから私とともに、時に爽やかな風を感じ時に冷たい雨に打たれながら、秋のウイグル旅行に出発しましょう。



写真&旅行記本編は“出発ゲート”からどうぞ>

因智喜旅遊2010ウイグル自治区旅行編 出 発 ゲート


こちらから旅立って下さい!
(旅行記へ進む Click to view photo & travelogue )
ウイグル旅行編 こちらからご覧下さい

<この旅で訪れた町と地域>
カシュガル、ヤルカンド、カラクリ湖、タシュクルガン、ウルムチ

ウイグル旅行編(カシュガル、ヤルカンド、カラクリ湖、タシュクルガン、ウルムチ)


inchiki tour > photo travelogue > 2010 Uyghur
copyright mipo,All Rights Reserved