カシュガル路地散歩 1

カメラだ〜!

カシュガル旧市街の子どもたち

部屋でひと休みしてからまた旧市街散策へ出発。
おっと、その前にやる事があった。バスターミナルでタシュクルガン行きチケットを買っておかねば。
バスターミナルへ行きチケット売り場で切符を買おうとしたら「明日は無い」と言われた。
「え?明日ですよ?」と食い下がったら売り場のオバさんがキレて「無いったら無い!」と怒りだした。
そんなぁ〜!明日タシュクルガンへ出発しないと金曜にアブ氏に会うのは無理になってしまう。
その時はかなり焦ったが、YHでタシュクルガン行き専用?のバス乗り場が別の場所にあると教えてもらってたから
明日直接そっちに行ってみよう。それもちょっと曖昧な情報だから不安が残るが…。
でももしYHで教えてもらってなかったら途方に暮れていたかもしれない。

とにかく気を取り直して路地めぐり開始。
すぐに私のカメラを見た子ども達が「写真撮って〜!」とこっちに向かって走ってきた。
いいよいいよー、この調子!
撮った後で何かくれとか言われる事はほぼ100%ないのがウイグルの良い所。
ホントにただ無邪気にカメラに向かってきてくれる。



芸術家のアトリエ

カシュガル旧市街、芸術家のアトリエ

これまでにも何度も通ってきた道なのに、今日初めて芸術家のアトリエがあるのに気が付いた。
窓際に置いた大きなカンバスに真剣な表情で向かい合っていた。



光の演出

カシュガル、路地に降り注ぐ木漏れ日

エイティガール寺院に近い広めの道にて。
なんてことない道でも、光が差し込んでいるとドラマチックに見えるね。
実は、あちこちにある食堂から出る煙のお陰でこのような光の筋が見られるのは全然珍しくないのだけれど。




瓦礫の山も遊び場…

カシュガル旧市街、瓦礫の山で遊ぶ姉妹

アブ氏に会う前に途中まで来ていたエイティガール寺院と反対側の旧市街へ再びやってきた。
車も通る広めの通りでも、道の両側にはあちこちで建物が取り壊されて瓦礫の山、山。
私のような『いち旅人』からしたら悲しさで涙がこみ上げてくるような光景なのだが、
子ども達にとっては瓦礫の山も遊び場なんだなぁ…。
それがまた余計に私をフクザツな気分にさせる。




ショートヘア美少女

カシュガル、ショートヘアの少女

取り壊し後の建設現場の一角で遊んでいた美少女ちゃん。
カシュガルっ子はカメラ慣れしてるからポーズもバッチリ(笑)




路地裏の女の子

カシュガル旧市街の路地裏にて

カラフルな服を着た女の子が薄暗い路地の奥でぼけ〜っと佇んでいた。
この子はカメラを向けてもぼけ〜っとしたまま。



ニット帽の美少女

カシュガル旧市街の美少女

またまた美少女ちゃん。瞳がとってもキレイ。
ちょっと恥ずかしがってたけど微笑みながらまっすぐにこちらを見つめてくれた。



建設現場のスローガン

カシュガル旧市街の再建現場

出た〜!新築工事現場に『旧房改造謝共産党恩』とスローガンが。。。