またまたカシュガル路地散歩

石畳

カシュガル旧市街の路地

今日はカシュガル滞在最後の日。夜はアブ氏がどこか友人宅でドタールを聴かせてくれる予定になっている。
朝はちょっとゆっくりして、夕方までカシュガル路地巡りをするつもりだ。

私はカシュガル旧市街の亀甲形の石畳が大好き。
建物も道も同じような土色だが、四角いレンガとこの亀甲形の石畳が良いコントラストを生んでいると思う。
昨日の土砂降りの雨で、日の当たらない路地裏はまだ道が湿っている。




うさ耳ちゃん

カシュガル旧市街、路地の子どもたち

路地裏で遊んでいた2人。きょうだいかな。
女の子の赤いワンピースとウサギの耳ニット帽がラブリーやね。



葡萄売り

カシュガル、葡萄売りのおじいさん

エイティガール広場から大通りを渡った向かい側には屋台や露店が建ち並ぶ賑やかな一角がある。
そこで今が旬の瑞々しいブドウを売っていたおじいさん、カメラを向けるとブドウを持ち上げてポーズしてくれた。



ナッツ売り

カシュガル旧市街、路上のナッツ屋

路上のナッツ売り。あんまり売れてないようでヒマそう。
かわいくカゴに入れてたりしてるけど、昨日みたいな急な雨の時とかどうしてるんだろうな。



テレビに釘付け

カシュガル旧市街、TVに釘付けな子どもたち

子ども達が大勢集まっているのは駄菓子屋さんのような店。
この店の奥にテレビがあって、子ども達は皆テレビに夢中で私がカメラ向けても気が付く子は殆どいなかった。
なんだか『昭和』な感じやねぇ〜!
こういう昭和的なノスタルジックさが、日本人にカシュガル旧市街が人気ある理由の1つなのかもしれない。



大きな瞳

カシュガルの少女

とある路地裏で出会ったちいさな女の子、うっすらカモメ眉(オスマ)の化粧をしてもらってる。
よく見ると水色のアイシャドウも。
それにしても真っ黒でおおきな瞳!まつげも超長くて将来は美人間違いなし。




雨が降り出して

カシュガル旧市街、再建中の家々

朝から曇ってどんよりしていたが、午後になりとうとう弱い雨が降り出してきた。

旧市街のバス道沿いではどんどん新しい家が建てられている。
それを見つめながら歩いているおじいさんの頭には、ドッパ(ウイグル帽)にビニール袋被せた即席傘が(笑)
いつ雨が降ってきてもいいようにポケットにビニール袋を常備してるのだろうか!?