湿地帯へ 2

美少女!

タシュクルガン、タジク族の美少女

昨日絨毯が干してあったあたりまで戻って来た。
ちょうどいい具合に家の外でタジク帽の女の子たちが遊んでいるところに遭遇し、写真を撮らせてもらった。
この子はとっても色白で青い瞳のべっぴんさん!!
まさに『タジク美女』って感じやねぇ〜。




ミステリアス少女

タシュクルガン、青緑の瞳をしたタジク族少女

こっちの方の子は美少女というよりは個性的なミステリアス少女という雰囲気。
日焼けした肌に、なんともいえないブルーグリーンの大きな瞳!

対照的な2人だが、どちらも甲乙付け難い、とっても印象的な少女たちでめちゃめちゃステキやーっ!




恥ずかしがって

タシュクルガン、タジク族の少女

あまりにステキなのでもっと撮らせてもらいたくなった。
正面ドアップもいいけど、もっと自然にしてるところを…。
だけどだんだん恥ずかしくなってしまったようで、カメラを向けたら照れて後ろを向いてしまった。
嫌がられてまで撮る気はないからこれ以上この子を撮るのはやめておいた。




坊主頭だった!

タシュクルガン、坊主頭の女の子

こっちの子は照れつつもまだ大丈夫な感じ。
様子を見にやって来た他の女の子と一緒に撮ったりしていて、ふとした時に帽子を脱いだら
なんと、坊主頭ちゃんだった!!
よく見たら帽子に毛糸で作った三つ編みの付け毛がくっつけてあったのだった。
すかさず坊主姿をパチリ。
まつげ超長いし、美女は坊主でも美女だなぁ〜〜(笑)
ウイグルでもウズベキスタンでもちっちゃな女の子が坊主頭にしているのはよく見かけたが、
この子くらいの(中学生くらい?)子が坊主なのは珍しいのではないだろうか?



どんどん雲が

タシュクルガンの湿地帯

少女たちと別れてから空を見ると、さっきの雲がどんどん厚くなって押し寄せてきていた。
ありゃ〜、完全に曇ってしまうのだろうか…。



ぬかるみを歩く

タシュクルガン、湿地帯を歩く少年たち

湿地帯のぬかるみを歩く男の子2人。兄弟かな。
お兄ちゃんらしき前の子が棒を持って後ろの子がそれを掴みながら慎重に歩いていた。



のどか〜

タシュクルガン、湿地帯のキルギス族テント

石頭城の方から見えたのとはまた別のユルト群。多分こちらも観光用だろう。
雪山にユルトに放牧された動物に遊ぶ子どもたち…なんてのどかな風景!



少年たち

タシュクルガンの少年たち

あまりののどかさにポカーンとしていたら、通りかかった少年が「写真撮ってよ」と声をかけてきた。
話しかけてきたのは向かって左の子。いかにもヤンチャ少年って感じやね。
隣の子はぼんやりしたお人良しそうな風貌で、
これまたさっきの少女たちと同様に対照的な2人だ。
カメラ構えるとヤンチャ君はポーズを決め、ぼんやり君はそのままぼんやりしていた(笑)