2009ウイグル旅行編カシュガル2 〜再会第1弾はこの人!    衣装替え



手を洗うとお茶碗が出てきて、チャイを注いでもらった。
「さぁさ、どんどん飲んで。ナンも食べて」とすすめていただき、チャイを一口すするとちょっと味が違う。
なんだかとっても良い香りがするねぇ、とFさんと話すとFさんが尋ねてくれた。
やはり普通のお茶ではなくてバラの花を入れたローズティーだった。
爽やかな風が吹き抜ける縁側で、みんなの笑顔と一緒にいただくローズティーは格別だ。

やっぱり言葉が通じると盛り上がりが違う。
Fさんが中国語で話してくれるお陰で、私1人の時よりもコミュニケーションの幅が広くなる。
家族全員が中国語話せるわけではなかったが、分かる人がウイグル語に通訳してくれた。

ちょっとオジサマの姿が見えなくなったなと思ってたら、いきなり正装に着替えてご登場!!
白いコートに白いターバン、「カッコエエ〜〜!」
オジサマったら、この姿で写真撮ってほしいとの事。オチャメすぎ(笑)
逆光に加えて白のターバンが光を反射してなかなか露出がうまく合わず何度も撮り直しさせてもらったんだけど、
ずっと銀歯ギラギラで笑顔をキープし続けてくれたオジサマであった。