2009ウイグル旅行編夢のあとに〜トルファン・ウルムチ     ウルムチ屋台村



バスは10時頃ウルムチのバスターミナルに到着した。
いや、正確にはバスターミナルではなくその近くの道端で終点だったのでちょっと分からなくて焦った。
路上ではタクシーの奪い合いになっていた。早く目的の場所に行かないといけないのに!
少々時間かかってやっとタクシーを捕まえた。間に合えばいいんだけど…。

目的地とは、初日にアブ氏の歌舞団を探すのと同時に探して見つけられなかったCDショップだった。
去年の旅でウルムチを案内してくれたAさんが連れて行ってくださったそのCDショップ『飞鸟音像』、
偶然日本語を勉強している女の子がいて「ほんの気持ちです」と彼女お気に入りのCDをプレゼントしてくれた。
その時記念に撮った
彼女の写真を渡せたらいいなぁと願っていた。

で、初日の時は雑踏をキョロキョロしても全然分からなくて自分の記憶力の無さを嘆いていたのだが、
昨日アブ氏がバザール付近まで送ってくれた時に店の名前の紙を見せて知ってるか尋ねたら
歩く途中に店の前で立ち止まって「ここだ」と教えてくれていたのだった。
(そこは初日に何回も往復していた所だった。人通り多かったとはいえ何で気付かないんだかなぁ)
その時(10時半頃)にはもう店のシャッターは閉まっていたのに今日も10時回ってしまって厳しいかも!?

店の近くでタクシーを降り店までダッシュ。あ、まだ営業中だ良かった!
ドキドキしながら店に入り見渡すと、彼女の姿は見えず店員と客らしき数人の男性がいた。
店員と思われる男性に写真を見せて「この子いませんか」と尋ねると、答えは…「いない」だった。
ええ〜〜〜マジで?本当にいないの?
たまたま今日は休みというのではなく、もう店をやめてしまっているようだった。残念。
「日本に留学に行きたいと思ってる」と話していた彼女、もう日本に来てるのだろうか?
お姉さんは既に数年日本に住んでいると話していたし、夢が叶っていたらいいんだけどなぁ…。

気を取り直して、最後の買い物へ。
スーパーでお土産の干しぶどうやローズティやお菓子などを買い、CD屋を数軒回ってウイグル音楽CDをゲット。
Fさんは昨日結局遅くなって買い物する時間も取れなかったので、彼女の代わりにアブ氏のCDを買っておいた。
自分用にはウイグルポップスなどを数枚と、たまたま入った店で見つけた『12ムカム』VCDボックスを。

買いたいものも買ったし、最後の夜はやっぱりラグメンが食べたい。
大バザール付近に屋台村のような一角があり美味しそうな煙とにおいが漂っていたので行ってみた。
一通り回ってみたがラグメン屋台はあったのかもしれないけど見つけられなかった。