元日・朝のカシュガル    エイティガール寺院入口

「あけましておめでとうございます!」
などと声をかける相手もいない、淡々とした元日の朝。
外に出てみると、雪は降っていなかったが空はもやっている。

今日もまた郊外にあるバザールの村へ行く予定。
ホテルを出て、まずは昨日年越しをしたエイティガール寺院まで歩いてきた。
モスク入口にはこんな味わいのある看板?が掲げられていて、ハトたちの憩いの場となっていた。
本来ならばもっとキレイな黄色い壁なはずなんだけど、曇天のせいで薄暗い色に写ってしまった。