カシュガル 3      あつあつゆで卵



バザールに戻ってまたその辺をうろうろ。
道端のゆで卵屋さんでは、少年が鼻の穴おっぴろげてあつあつのゆで卵を頬張っていた。