カシュガル 2      公衆電話

埃っぽい道端の公衆電話屋さん。
中国では公衆電話はこんな感じで、店先の路上に普通の電話機が置いてあって
電話をかけた後お店の人にお金を払うシステムになっている。
初めはどうしたらいいのか分からなくて使いづらかったけど、やり方さえ分かれば
町中のいたることろにあるのでなかなか便利だった。
コインを入れるタイプの公衆電話だと小銭を持ち合わせてない時とか不便な思いをすることもあるが
これだと後払いする時にお釣りももらえるしね。
でも、中国版公衆電話を知らない人には、この写真はちょっと不思議な光景に見えるかもしれない。