天路を駆け抜けて 3    少年たち

列車に向かって笑顔を向けていた2人の少年。
開通して半年以上経ち、青蔵鉄道も彼らにとって日常の光景になっていることだろう。