天路を駆け抜けて 2    中国トランプ

硬座の車両の中に進んでみると、私のいる軟臥とはやはり雰囲気が随分違う。
軟臥車両は(例の韓国人団体を除いて)とても静かだったが、ここではあちこちでトランプしたりして賑やか。
写真を撮られるのが苦手な人が多かった中で、このグループのおじさんは笑顔をカメラに向けてくれた。
そしてよく見るとトランプが変わっている。縦長だし真ん中に絵が描いてあった。中国独自のものかなぁ?