土色の村々    対向列車から

気分転換に車両のデッキに行っていたら、対向列車の待ち合わせがあった。
徐行していた対向列車を写真に撮ろうとカメラを向けたその時、うまい具合に機関士さんが!
本当に一瞬の出来事。
「あ!」と思ってシャッター押したら機関士さんも「おっ?」という表情をしてくれてて、なんだかとても楽しい瞬間だった。
さっきのカーブの先頭車両のように狙ってずっと待ち続けてやっと撮れる1枚ももちろん嬉しいが、
こういう偶然の一瞬がもたらす何気ない1枚が私にとって『旅の醍醐味』をリアルに感じさせ、旅してる!という実感が強くなる。