土色の村々    山も畑も家も

ほんとに全てが土色をしている。
集落の家々も日干しレンガを積んだような壁なので背景と同化していた。
線路に近い村を通る時には、家の入口に貼られた赤いお札(多分おめでたい言葉が書かれている)や
壁にペンキで描かれた何かのスローガンや家の屋根のパラボラアンテナなんかも見る事が出来た。
土色をしているせいでとても貧しそうに思ってしまうんだけど、パラボラアンテナがある家もそこそこあったので
この荒涼とした景色から想像するような貧しさではないのかな。