いよいよ青蔵鉄道乗車    成都駅

イトーヨーカドーで買い出しを済ませ宿に戻ってひと休み。
もう朝にチェックアウトは済ませていたが、チベット鉄道切符手配料金に駅までの送迎が
含まれていたので宿の庭の椅子でドキドキしながらその時間まで車が来るのを待った。
17時過ぎ頃に車がやってきた。荷物を乗せて私も乗り込む。ああドキドキ!
この宿にはまたラサから飛行機で戻った際にも宿泊することになっている。しばしのお別れだ。

思ったより早く成都駅に着いた。
運転手のお兄さんに荷物を下ろしてもらい、笑顔で挨拶。「じゃあ行ってきまーす!」
カバン(布製のピギーバッグ)の把手を勢いよく引っ張り出し、強く握りしめた。
駅前広場には駅の利用者とか浮浪者っぽい人とかがたくさんいて、なんか独特の雰囲気があった。
中国に限らず駅前は治安があまり良くない所も多いので、カバンはしっかり持つのが私は習慣になっている。
…とか言いながら、立ち止まってこうやって写真も撮ったりしてたんだけど(笑)