最後の朝     さらば太陽の都



カフェを出て荷物を取りに宿に戻った。
この宿の屋上はきれいにポタラ宮が見える素晴らしいビュースポットでもある。
ただし、屋上に上がるには薄い空気のせいで心臓バックバクいわせて階段を登らねばならない。
1週間で随分慣れたとはいえ、
そしていくらチベタンドレスが馴染んできても、やはりキツい。
出発時間のお昼になり、今日も雲が出てきたなぁ。
ラサの、チベットの象徴、巨大な岩の要塞のようなポタラ宮。
いつか「宮殿の主」が再びそこへ戻ってくる時が来ますように。