民家訪問     おばあちゃんモデル



再び外に出て、そろそろおいとまをという時間になった。
あのべっぴんちゃんに負けず劣らず金くれアピールをしていたおばあちゃんに、
じゃあその代わりに写真モデルになってといって、青空の下で写真を撮らせてもらった。
ギャラを払ったのでおばあちゃんはご機嫌に笑顔を向けてくれた。

当初から、訪問する民家には謝礼を支払ってくれとドライバー君から言われていたので
家のお母さんにも「見学料」をお支払いし、みんなにお別れを言って車に乗り込んだ。