トルコ石の輝き 〜聖湖・ヤムドク湖     だんだんと



時間が経つにつれ、だんだんと真っ青な空に雲が広がってきた。
標高が高いからか、雲が近くに感じる。ペルー&ボリビア旅行の時のように。
チベット滞在中、毎日朝は快晴で、午後になると雲が出てきて夕方にはすっかり曇りというパターンだった。
夜には「明日は雨でも降るんだろうか」と心配していても次の日はまた快晴という毎日。
夏の観光シーズンの方が雨が多いらしいので、この時期は緑の草原は見られないけど
天候の良さと観光客目当てな商売人の少なさという点では良い時に来たかなと思った。

ここで写真をいっぱい撮ったんだけど日差しが眩しくて写真を液晶画面でうまく確認できず、
後で見てみたら反射を抑えるフィルターを付けっぱなしだったせいで湖の色が実際よりも
全然美しくなくてショックだった。本当はもっともっと奇麗なターコイズブルーだったのに!

どのくらいここにいたのか分からないが、写真撮ってぼーっとする以外何もすることもなく、
そろそろ出発することにした。ここからラサへ戻る途中、農村に立ち寄ってくれることになっている。
いよいよこの旅最後のイベントだ。