ポタラ宮      少年僧

誰もが愛想良く笑顔を向けてくれるわけではない。