バルコルの朝     五体投地 3



身を大地に投げ出した後もう一度合掌をした姿。
この時おでこを地面に付けるので、この僧はおでこに年季の入った傷があった。
見ていると、巡礼者がこのお坊さんに近寄ってお布施をしていった。
もの珍しそうに近付いて興味本位で写真撮るだけの私はその時とても恥ずかしい気持ちになった。
あ…と思ったけどお布施を差し出すことは出来なかった。
ごく一般的な日本人だと私と同じくさっとお金を出したり渡したりはなかなか出来ないんじゃないかと思う。
どうしよう?なんて考えている間にタイミングを逃してしまったり。そういう事に慣れていないし…。
チベット人の真似をしたらいいわけではないけれど、この写真を見ると少し複雑な気持ちになったことを思い出す。