デプン寺・ネチュン寺 1    カムの男

荷台の上の人々を写真に撮りたかったけど、どうも写真撮られるのは嫌っぽい。
なのでファインダーを覗かず膝にカメラを置いて適当にシャッターを切った。
荷台の一番後ろに赤い糸の束を黒髪に巻き付けた男の人がいた。
この格好をしているのは『カム』という東チベット地方の人らしい。
大柄で精悍な顔つき、真っ黒な長髪のカムの男、すごく格好良かった!
(この人もカメラを構えられると嫌がって顔を背けてしまった。残念)