Introduction 〜成都・文殊院周辺   生活感ある路地

部屋に荷物を置いて宿の周辺をちょっと散歩してみた。
着いてすぐに少し喋った日本人の子が、宿の前の路地のことを「マージャン通り」と呼んでいた。
古き良き時代の名残りを残す下町風情のある(決してきれいではなく生活感にあふれた)路地を歩くと
茶店でマージャンやトランプしてだらだらしている人が本当にいっぱいで面白かった。
そこから更にうろうろ道を曲がったりして、さっそく大好きな「路地巡り」。