ダッカへ      さようならバングラデシュ

インド風美女が描かれた大きな看板がイイカンジで、行き交うリキシャーと共にパチリ。
道端にたむろっていた若い警察官か兵士?たちにもの珍しそうに見られながらホテルへ戻った。
バングラでもカメラ付き携帯があるようで、その中の1人に"写メール"撮られてしまった!
いつも自分が人を撮ってばっかりなのに旅先で他人からいきなりカメラを向けられて、
しかもバングラで携帯カメラは意外だったし撮ってるのは警官(もしくは兵士)だしでビックリ。
その時はビックリしすぎて慌てて逃げた(笑)んだけど、逆にその人も撮れば良かったと後悔。
バングラでもカメラ付き携帯があって若い人なんかは"写メ"とかやってんだな〜と
最後に何気なく印象に残る出来事だった。

ホテルに戻って、まだ少しだけ時間があったからフロントの兄ちゃんにチャイを注文した。
甘くて濃いミルクティ、バングラ最後のチャイが疲れた身体にしみわたった。
仕事だったし慌ただしいしでお土産なんかもほぼ何も買えなかったけど
村で出会ったたくさんの屈託のない笑顔が一番のお土産になった。

このチャイのようにまったりとして濃いバングラデシュ、また会う日まで…!

< END >

 


inchiki tour > photo travelogue > 2006 Bangladesh
copyright mipo,All Rights Reserved