大地を駆け抜けて    輪っかの雲

輪っかの雲を見つけた。でも隣のKさんはすっかり熟睡夢の中なので仕方なく一人で喜ぶ私。