霧幻の天空へ…マチュピチュ 1   天国への階段?

一日中晴れなかったら予定変更してもう一泊して明日リベンジするしかないのか。
でも日程キツキツだから1日ずらすと後がやばいし。
でもでも、こんなマチュピチュじゃ何のためにここまで来たのかわかんないし…。
思い悩みながら辺りをうろうろ。一旦遺跡の近くまで降りていったがまた見張り小屋に戻ろうと
振り返ると、階段が霧の空に吸い込まれていくように見えた。
その瞬間、レッド・ツェッペリンの名曲「天国への階段」が頭に浮かんできた。