クスコ   クスコに着いて

リマ-クスコの飛行機は有視界飛行の為、天気次第で大幅に遅れたりキャンセル出たりが
当たり前のように起きると聞いていたので不安だったが、予定通りに飛んでくれた。
クスコで泊まる所は日本人経営の安宿「ペンション八幡」に決めていた。
町の中心から遠くないけど、階段状になった路地にあってタクシーは前まで行けないし
朝晩は名物「首締め強盗」が出るかもという不安もあって、近くまでタクシーで行って
降りてから坂道を必死で駆け登った。空気薄いからキツイ!!
ふらふらになってもうアカン〜と倒れそうになりながら宿に到着。
呼び鈴を鳴らし中に入ると共に椅子に倒れ込んでしまった。息切れが止まらない。
しばらくしてようやく落ち着き、部屋に荷物置いて外を眺めると良い景色!
のどかな庭からクスコのオレンジ色のレンガの町並みが望めてイイカンジだ。