ラパス     ミクロ

旧市街散策は、雰囲気の良い町並みだったがこれといって路地フェチの私を刺激するものはなく、
その辺りも治安があまりよろしくないと書いてあったし、あまりゆっくりとはしなかった。
最後にまた例の欧米人やおハイソっぽい人々が集うカフェに入ってから宿に戻った。
2時半頃のフライトでリマへ飛ぶため、ホテルの御主人に空港までのタクシーを頼んでもらった。
私が「地球の歩き方」に載ってたラパスのビューポイントという場所に行きたいと話していたので、
御主人は本に書いてある所ではないけど同じように景色がいい所があるから途中で止まってくれるよう
タクシーの運転手さんにお願いしてくれた。ホテルからは市街地を通らずに山の方を通ると空港まで近道だそうだ。

タクシー到着を待つ間、ラパスの町でたくさん見かけてカワイイと思っていたレトロな
ボンネットバス「ミクロ」をホテルの前の道でパチリ。