空燃えて ポトシ2    日の入り

昨日のスクレの夕焼けを思い出しながら、今日はどうだろうね?と話しながら待った。
経験上、完全に太陽が沈んでからの方が空が赤くなると知っていたし、
適度に雲も出ているから今日もそこそこ期待出来るかもと思いつつも
今日で旅連れKさんとお別れなのにショボかったら嫌だなぁと不安も半分あった。

マチュピチュでの霧のドラマ、輝くチチカカ湖と唾かけ強盗事件、真っ青な空の下走り続けたアンデスの大地…
短い間に目まぐるしく色んなことがあってそれらを自分の中で消化していくのも追い付かない程だったけど、
スクレ・ポトシはこれといった大きな目玉もなく体調も崩していて、
しかもあと数時間で旅連れともお別れで、なんだか複雑な心境で空を見つめていた。