中央アジア旅行・情報コーナー

ウズベキスタン&キルギス旅行を計画している方に、少ないですが私が記憶している限りの情報を提供しようと思います。ご参考になれば幸いです・・・。

★ ただし!これは2003年10月の情報です。
為替や政情等によりいろいろ変化すると思うのでそのあたり考慮に入れてご覧下さい。

■ キルギス ■

キルギスではホームステイ中心&移動も自家用車中心だった為、たいした情報はありません。

 日本国籍の方は1ヶ月以内の観光旅行の場合ビザ不要 → 詳しくは大使館のサイトをご覧下さい
 両替は都市部の繁華街やバザールにたくさん両替所があるので便利。地方に行く場合は前もって両替しておく方が良いかも
 両替所では小額の両替は幾分レートが悪くなる場合あり。しっかり確かめてから両替して下さい
 10月でも夜はかなり冷えました。防寒着を忘れずに
 簡単なロシア語会話を覚えておくと便利。ロシア文字を読めるようになると更に便利
 為替レート計算はこちら

ビ シ ュ ケ ク

空港←→市内
空港→市内はお迎えの車だったので、市内→空港の場合ですが、タクシー呼んでもらって300スムでした。
プラス空港入場料10スム。交渉でもう少し安くなる可能性あり。

市内交通
小型バスとトロリーバスがあり、慣れると便利だけど少々複雑。
小型バス(ミニバス)5スム  トロリーバス3スム

インターネット
中央郵便局の南側にネットカフェがありました。
1時間30スム、私が座ったPCは日本語使えました(店員に確認して下さい)

B&B
今回の旅ではほとんどホームステイでしたが、せっかくなのでB&Bにも泊まりたくなって、有名な「
サブル邸」に泊まりました。ビシュケク中心部にあり便利な場所で、周りは大使館とかあるので静かでした。
場所は、チュイ大通りの3本南を通る
Moskovskaya通りと中央が公園になっているエルキンディック大通りの1本東を通るRazzakova通りの角に近く、ドイツ大使館の向かいです。
一軒家で普段門が閉っているのに加え、看板などは何もないので夜に着くとちょっと分かりにくくて焦るかもしれませんが、すぐ横に何でも屋みたいなボロい店があるのでそれが目印になると思います。
3人部屋利用で一人1泊5ドル、朝食1ドル(夕食は食べなかったので分かりません)

また、郊外に「南旅館」というB&Bもあり、サブル邸より安く日本人パッカーの利用も多いらしいです。

ショッピング
チュイ大通り沿いにはデパートあり大型スーパーあり個人経営の民芸店ありで、ここでたいてい揃います。
ツム百貨店にはCD(安いし視聴できる)コーナーもありました。上の階のお土産フロアはキルギスの民芸品から旧ソ連のポストカードなど、なかなか面白い品揃えです。
ツム百貨店とオシュバザールの中間あたりには「
BETA」という大型スーパーがあります。キッチュなお菓子はウケ狙い系お土産に良いし、パンのコーナーは種類も多く美味しいです。横にはカフェテリアが併設されています。
郵便局近くには西洋人客の多いオサレなカフェもあり、買い物後にまったり休憩出来ます。


カ ラ コ ル & イ シ ク ク ル 湖(アブローラ)

移動
私はビシュケク→カラコルとカラコル→アブローラは自家用車での移動だったので公共の交通機関情報はありませんが、自家用車で飛ばしていった場合、ビシュケク→カラコル(北回り)で約4時間かかりました。バスならもっと(倍くらいは)かかると思います。

アブローラ→ビシュケクは公共のバスで約5時間かかりました。
バス料金は110スム。

カラコル
町の見どころ(中国モスクやロシア教会)は自家用車で回りましたが、歩いて十分回れる距離です。
町の郊外には温泉や奇岩で有名な場所があります。どちらも公共アクセスは不便。

・アクスー(温泉)
カラコルから車で山道を走り片道45分〜1時間くらい。温泉と言っても、看板も無いような建物の中に10部屋くらいに別れていてそれぞれにバスタブがある公共浴場で
情緒はないです。乗せていってくれる人がいれば行ってみてもいいかな、という程度だと思います。

・ジェティオギュズ(赤い岩山で有名)
カラコル中心部からタクシーで片道約40分。道中の景色も良い。ガイドブックによればここにも温泉があるらしいけど私はピクニックだけに行きました。奇岩というか、赤い岩(山?)が連なっていて、それにまつわる伝説もあります(詳しくは地○の歩き方参照)。
他に特に何もなく、風光明美な景色を楽しみながらピクニックするくらいでしょうか。
カラコルからタクシー貸し切りしての半日観光でタクシー料金350スム払いましたが、もっと相場は安いかもしれません…。

アブローラ
アブローラはイシククル湖北側の中心辺りにあり、町ではなくて湖畔に大きな保養施設(ホテル・イシククル)だけがある所です。
また、アブローラと別に
Булон Сагутту(Bulan Sogottu)という呼び方もあるようです。
ホテル・イシククルは敷地が広く、庭はまるで森のようでした。気候が良い時だとゆっくり散歩できます。庭を突っ切るとそこはもう湖。夏の時期は湖畔のビーチで泳いだりできますが10月はもう寒くて散歩も厳しかったです。
宿泊は食事込みの料金となっており、1泊だと夕食と朝食が付いています。夕食はけっこうなボリュームですが味に期待はできません(笑)しかもメニューが何種類か選べるのですが、全てロシア語のためさっぱり分からず、給仕の人も英語解らずでちょっと苦労しました。
部屋は普通ですがそれぞれの部屋にはバルコニーがあって、湖と対岸の美しい山々が一望できてなかなか良かったです。
料金は季節によって大きく変動し、
夏の時期は他の季節より倍くらいの値段だそうです。
10月で1泊2食付き 1380スム(ドル払いも出来ます)
ホテル内に両替所もありますがレートはいまいちでした。
ちなみに私が行った10月半ばは宿泊客も少なく全く活気がありませんでした。一人で行くのは寂しい感じ。
ホテルを出てすぐ近くに小さなバス停があり、ビシュケク行き/カラコル行き等のバスが走っています。


inchiki tour > photo travelogue > 2003 Central Asia > 情報コーナー
copyright mipo,All Rights Reserved