カラコル    天井には星々が

教会内部に入ると、青い天井に星々がちりばめられていた。
ムスリムな里帰り一家&ティカはおそらく初めて足を踏み入れたのであろう、興味津々に
教会の人の話を聞いていた。私は大天使ミカエルが描かれた小さなイコンを記念に購入した。

ここと「中国モスク」(中国の仏教寺院のような外観)を訪れて一旦家に帰ってから
全員揃って晩ご飯を食べていると、温泉に行こう!という話になった。キルギスは温泉がたくさんある。
おばあちゃん達は日本にも温泉があるのを知らないみたいだ・・・。
行こうと決めたらあっという間に準備ができて、さっさと温泉に出発!
車で山道に揺られること数十分で「アクスー」というサナトリウムに到着した。
どんな温泉かと思ったら、個室が8室ほどあってそれぞれに脱衣場・バスタブがあるというスタイル。
いわゆる大浴場ではなく、家族単位で一室を使う形だった。
お湯は赤茶色でぬめっとしていて、「なんかワカランけど効きそう〜」(笑)な感じ。
しかしウズベクでは特にブハラで水道の設備が悪く温泉でもないのに水が赤茶色だったので、
ここのお湯もホントに有効成分で茶色なのかどうなんだか・・・と思ってしまった。
それはともかく、みんな温泉であったまってホカホカ・ニコニコでまた山道を下ってカラコルに戻った。