カラコル    白ヤギさん

ひとりで木枯らしのなか町を散策。窓枠の装飾がカワイイ民家と白ヤギさん。
ビシュケクのお母さんが貸してくれたフワフワ毛糸のベストのぬくもりが嬉しかった。