タシケント     ガラクタ市

場所は変わってこちらは郊外にある「ヤンギョール・バザール」というがらくた市。
泊まっていた宿の情報ノートに”レアものがいっぱいある”と書いてあったので私もお宝ゲット!
と鼻息も荒くいざ出発。しかし・・・どれだけ探し回ってもあるのは普通の野菜などの市と
工具や古着などばかり。さんざん探したが見つけられずガッカリ。う〜んお宝ちゃんはいずこに。
(ここで言うレアものとは、旧ソ連グッズ関係です。もっと探せば見つかったかもしれません)
仕方がないから、鼻に絆創膏?を貼ったお茶目なオジサンの写真を撮って記念(?)にした。

そんなこんなでウズベク最後の日は過ぎ、夜は宿近くの激うまラグメン(中央アジアの肉うどん)
を夜風に吹かれながら平らげ満腹で幸せに浸っていると、ラグメン屋となりのモスクから
アッザーンが響いてきた。お箸で食べたウイグル風ラグメンに緑茶、涼しい風とアッザーン・・・。
ウズベクに来てからずーっとニコニコ顔で、ホントに嫌な事など全然なかった。
愛嬌たっぷりのウズベクの人々・・・出会ったたくさんの笑顔を思い出し、
満腹のお腹をさすりながら胸もいっぱいになった。

いよいよ明日はキルギスへ。空港でお友達が出迎えてくれる約束だけど、無事出会えるだろうか??