ブハラ 〜色鮮やかオアシス古都   道案内してくれたおばあちゃん

「チャル・ミナル」という建造物があるところへ行こうと地図を見ながらうろうろしていると
いつものように道に迷ってしまった。ついつい分かりやすい道でなく路地を通ろうとしてしまうから。
どうも先は行き止まりっぽい所に来てしまい、そこで立ち話をしていたおばあちゃん達に尋ねてみると、
「そこを右にいって、ちょっとしたら左に・・・」て具合にゼスチャーで教えてくれていたが
説明が難しかったようで「あ〜もう私が連れてってあげるからついておいで」と案内してくれた。
辿り着くまでの道中でも近所の知り合いらしき人に出会うとニッコリ挨拶して優しそうなおばあちゃん。
しばらく歩いて路地を抜けると目的のチャル・ミナルが。おお〜アリガトウ!
あまりにチャーミングでかわいいおばあちゃんだったので、お願いして写真を撮らせてもらった。
ストールをかぶり直して照れながらポーズ。暖かそうなおっきな手が人柄を表しているなぁ。