サマルカンド郊外、シャフリサーブス   窓際のチャイポット

学生君ちの居間や寝室などを案内してもらい、ご家族を紹介してもらったあとは
中庭でチャイとナッツなどのお菓子をいただいてのんびり歓談。
チャイは中央アジアの生活に欠かせないからか、家中にチャイポットが置いてあるのが興味深かった。
本当は夕方閉まってしまうまでにレギスタン広場に行きたいと言っていたのだが
ここでゆっくりしすぎて間に合わなくなってしまった。だけど私個人的には、このように
ウズベク家庭の生活にちょっとでも触れられたこの家庭訪問はとても有意義で良い思い出になったと思う。