サマルカンド郊外、シャフリサーブス   いらっしゃーい

ウルグットからサマルカンドに戻り、ガイドしてくれている日本語学校の学生さんに
「ウルグ・ベク天文台」などを案内してもらったあと、彼の家に連れていってもらうことになった。
タクシーで砂埃巻き上げながら細い路地をぐるぐる走り、辿り着いたのは町の中心から少し離れた村だった。
タクシーに乗っている時から、窓の外では路地で遊ぶ子ども達がたくさん見えてイイカンジ。
学生君の家はウズベク伝統スタイルの中庭付きの大きな家で、カワイイ女の子2人がお出迎えしてくれた。