サマルカンド郊外、シャフリサーブス   ウルグットのバザール

朝、宿で朝食を食べていたら、同じ宿に泊まっている日本人の男の子が「今から大きなバザールに行く」
と言うので「アタシも一緒に行ってもいい?」と尋ねたらオッケーだったので付いて行くことになった。
サマルカンドで日本語を学んでいるウズベク人学生に連れていってもらえるらしい。
訪れたのはウルグットというサマルカンド郊外にある町のバザールだった。
週に3回ほど開かれ、何やらアンティークとかあると聞いたのでワクワク!まだウズベクに来て数日なのに
もはやこの『物欲魂』がメラメラと燃えはじめてしまった・・・。