再びビシュケク 〜ダーチャ訪問   公園で出会った3人

次の日、アタシと宿で出会った女性はデパートでお土産を物色したりバザールをうろついたり
して過ごした。ひととおり歩き回って夕方になり、爽やかな秋風に誘われ公園に入って
のんびりお散歩していると、和やかないい雰囲気の3人がベンチでくつろいでいるのを見つけた。
真ん中に座っているおじいちゃんのキルギス民族帽「カルパック」がとってもお似合いだったので
「写真撮らせてもらおうか」と近付いていき、話しかけて写真を撮らせてもらった。
するとスラリとした美人の孫が「ジャパニーズですかー?」と英語で話しかけて来た。
キャピキャピ女子高生といった感じの女の子、話しかけたのは良いが思うように英語が
浮かんでこないので恥ずかしそうにしているのがとっても可愛い。
なんとかカタコトで会話していると、「明日私達はダーチャに行くの」という話になった。
ダーチャとはロシア流の別荘で、週末をそこで過ごしたり農作業したりする所だと
以前に本で読んだことがあった私は、「ダーチャに行ってみたい!」と言ってみた。
ビックリされるかと思ったけど二つ返事で「いいよ」と言ってくれて、
「じゃあ明日の○時に○○の交差点で待ってて」と待ち合わせの約束をした。
なんだか面白い展開になってきたぞ!・・・しかし本当に明日迎えに来てくれるんかなー。