ジェルバ島   カフェの兄ちゃん

楽しい市場に美しい海と夕焼けですっかりゴキゲンになり町へ戻った。最後にカフェで余韻に浸ろうと
広場の賑やかなオープンカフェに行った。ここははじめの日にも行ってカフェオレを飲んだ所だ。
いつ前を通っても朝から晩までテキパキと働いていたウェイターの兄ちゃんに今日もカフェオレを注文。
この3日間の間にすっかり顔なじみになり、通りがかるたびにボンジュール!と挨拶していた。
初日には「ツーリスト仕様」のキレイなカップで出てきたカフェオレは、今日は「ジモティー仕様」の
普通のガラスのコップ入りだった。ジモティー仕様にしてくれたのが嬉しかった。
そしてこの兄ちゃんも耳にバラの花!写真撮らせてもらった後このバラをアタシにくれた・・・(笑)
そしてカフェオレの代金は受け取ってもらえなかった。アリガトウ兄ちゃん。
夜風に吹かれながらのカフェオレ、いっぱい出会った笑顔、嬉しくも切ないジェルバ最後の夜。