1998 SILKROAD(China & Uzbekistan)

シルクロード(中国&ウズベキスタン)旅行編
↑仕事放棄?してお昼寝中のお姉さん(トルファンのバザールにて)


inchiki tour 初めてのアジア旅行、シルクロード「半」横断
98年9月、神戸港から船(燕京号)で天津へ行き、北京からは列車にひたすら揺られて西へ西へ。
まずは新疆ウイグル自治区のトルファン・ウルムチを訪れ、
ウルムチからは「シルクロード鉄道」に乗りカザフスタンのアルマトイ経由でウズベキスタンに入りました。

トルコで青タイルに心奪われて以来憧れていたウズベキスタン!
約2週間滞在し、秋の突き抜ける青空から砂漠の大雨までいろいろ経験しました。
行きは夜行列車に合計6泊もしてユーラシアの大地の広さを実感しましたが
ウズベクから北京へは飛行機を利用してあっという間に戻ってきてしまいました。
そして北京から上海へ行き、上海からは再び船(新鑑真号)で大阪港へ帰ってきました。

ちょうど1ヶ月の行程でした。

手配した切符が届いてなかったり突然ウズベクの学校訪問に行くことになったり、
おなかを壊して寝込んだり最後になって財布をなくしたり!!
私にとって
「アジア旅デビュー」は波瀾万丈てんわやんわな旅でした…。



<写真&旅行記は下の“出発ゲート”からどうぞ>

→この旅の5年後、2003年の9月にウズベキスタンを再訪!
因智喜旅遊2003中央アジア編(ウズベキスタン&キルギス)も併せてどうぞ。

→また、2007年〜08年にかけての年末年始にウイグル自治区を再訪!
因智喜旅遊2007-08ウイグル年越し旅行編もどうぞご覧ください。
カシュガル・クチャなど、この1998年版にはない地域はこちらを…。

→またまた、2009年の5月にウイグル再訪!
因智喜旅遊2009GWウイグルたずね人編も是非ご覧ください。


ちなみに、この1998年の旅行の時は、まだネットも今ほど普及していなかったし
田舎なので図書館にも関連本なども無く、情報源といえば「地球の歩き方」のみ!でした。
(しかも当時の「歩き方」は「旧ソビエトと中央アジア」という扱いで中央アジアのページは少なかったんですよ…)
ですので、旅行の実用情報という意味ではこの1998年編は殆ど役に立たないかもしれません。
それでも、「情報の乏しい時代の旅」として2003年の旅行と読み比べたりとかして
楽しんでいただけたら幸いです。同じ建物の修復前/修復後が比べられたりもします。
初アジア旅でビビってた今回と5年後の”写真の撮り方”の変化も見どころ?です。

なお、1998年と2003年の旅の比較のために、<2006年追記>として所々に文章加筆しています。

因智喜旅遊シルクロード編 出発 ゲート

こちらから旅立って下さい!
(本編へ進む Click to view photo & travelogue )

(実際の旅では船で出発でしたが.....)

<この旅で訪れた町(写真の無いものも含む)世界遺産

■中国
北京、トルファン、ウルムチ、上海
万里の長城、北京の明・清王朝の皇宮(故宮)

■カザフスタン
アルマトイ

■ウズベキスタン
タシケント、サマルカンド、ブハラ、ヒヴァ、ウルゲンチ
イチャン・カラ、ブハラ歴史地区、サマルカンド=文明交差点

シルクロード「半」横断ルート!


inchiki tour > photo travelogue > 1998 Silkroad
copyright mipo,All Rights Reserved