ヒヴァ(大雨のカラクム砂漠)   カラクム砂漠

rakuda

早朝ブハラを出発し、カラクム砂漠に入って暫くしたらきれいな朝焼けが見られた。
それから明るくなった頃、ラクダがいるのが見えたのでおじさんに止まってもらい、写真を撮った。
この砂漠は写真で見ても、私たちが普通想像する「砂漠」と違うのがわかる。
もっと鳥取砂丘のようなカンジを想像していたのに。
でも見た目は砂漠らしくないが砂はとってもサラサラだ。
砂漠の大雨でどろどろになった靴をウルゲンチのホテルで一晩乾かすとカラカラに乾燥した。
乾いた泥を落とそうと靴を持ち上げると、パラパラッと少し砂が落ちた。
「もしかして」と靴をそっとベランダに持って行き軽くパンパン叩くと・・・、
布の靴にこびりついていた砂はものの見事に全く残らず落ちてしまった!その位に砂は超サラサラだった。
これは砂漠の砂というものを実感できた貴重な体験になった。