青の都サマルカンドへ・・・   コントラスト

チムール廟ではバラが咲いていた。タイルの青とバラの赤のコントラストが鮮やかだ。
チムール廟でも、他の所でもそうだったが、子どもがやたらと「ハローハロー」と寄ってきて
「ペン、ペン」と言ってペンを欲しがる。
まだ「金をくれ」という子どもは殆どいなかったが、
道案内したお礼にお金をくれと言ってきた子どもはいた。
集団で取り囲まれておもわずカバンを握りしめたりもあったし
石を投げられたりもあって、結構怖いこともあった。
数年後にはどうなっているのだろう。
日本人ももっと増えるし、観光客ズレした子どもは増えそうな気がする・・・。

<2006追記>

幸い、2003年の旅行でも子どもたちは観光客ズレしていませんでした。
国民性もあるのか、大人も子どももおおらかな人が多い印象です。
この時は私も警戒心が強すぎて逆にコミュニケーションが不足していたかもと今では思います。
実際、カメラを取り出すのもビビってたのでこの旅行の写真はかなり少なかったです。
でかいカメラじゃ狙われるかもと、わざわざコンパクトカメラで行ったくらいでしたから(笑)