青の都サマルカンドへ・・・   チムール廟正面


サマルカンドに青い建築物が多いのはチムールが青色が好きだったからだと聞いたことがある。
実際はサマルカンドだけでなくイスラム圏全体に青は多いように私は思う。
それにチムール以前から青のタイルはよく使われていたようだ。
しかしそれでもチムールが青が好きだったからという説はもっとものように思える。
モンゴル遊牧民の心にはいつも青い空が広がっていたのだろうなあー。