青の都サマルカンドへ・・・   カザフ大草原の夕焼け

素晴らしい夕焼け。
でも感激して窓にしがみついているのは私だけ。
みんなは仕事のためにこの列車に乗っている人たちなので、殆ど外の風景には興味がない。
見慣れているからかもしれないが。
この美しい夕焼けも彼女たちにとっては夜ごはんで忙しい時間だった。嗚呼、夜もラーメン・・・。