トルファン,ウルムチ    ウルムチのバザール

ウイグル人居住地区まで行くとやっとウイグルらしくなる。
道端でシシカバブを焼く匂いがしたりスイカやメロンの切り売り屋がいてにぎやかだ。
ついついメロンを2切れ食べてしまい、後でお腹の調子をちょっと気にしたりも。
バザールに歩き疲れてアイスクリームを買って一休みしていると、
同じくアイスを食べていた女の子が私にいろいろ話しかけてきたが言葉は全く通じなかった。
その子はどうやら目の前に建っている人民病院の看護婦さんらしく、
「おいで」という身振りをするので付いていった。
英語が出来る子は一人もいなかったが私の「中国語会話集」を指さしながら何とか話できた。
偶然にもその病院の副院長(女性)は日本への留学経験があって、
「帰ってからは日本語を喋る相手がいないので忘れます」とは言いながらかなり上手に日本語を話せた。
一期一会ではあるが、こんな偶然の縁もあるから旅は止められない・・・。