北京

神戸港を出て2泊3日で天津港に着きました。なかなか快適な船の旅。
入国審査では、
坊主頭に限りなく近い位のショートヘアだった私は係員に
「オトコ?オンナ?」と日本語で冗談半分に言われたりしました。
何かイヤな予感・・・。
天津港からは船の中で募集していたマイクロバスで北京まで行きました。
北京までの高速道路は日本の高速道路に似ていて、標識の色とかも
ほぼ同じで外国へ来た感じがあまりしませんでした。同じバスに乗っていた人曰く
「日本の高速道路をモデルにしたのではないかな」ということでした。なるほど。
その道中に早速、先が思いやられることが起こりました。
バスを運転していたおじさんが
居眠りして事故りそうになったのです!
「着いたばかりで死にたくないー!!」

北京市街に「無事」着いたのは良かったが、なんと私は人民元を全く持っていませんでした。
天津港に両替所がなかったからです。タクシーにも乗れない!
今までヨーロッパを旅してきた私は入国時に両替所はあって当たり前だったのです。
行きの船の中で両替しておくべきでした。ああ失敗!
そこでバスに乗っていた北京に詳しい日本人の人に助けられて
両替所のあるデパートまで連れていってもらい、人民元を手に入れました。
その人はタクシーの運ちゃんに「天橋賓館までこの子乗せていって」と
北京語で言ってくれたりして、本当に色々と助けられました。

北京って、大都会!広い!思っていた以上にスゴイところでした。
デパートやショッピングセンターには色とりどり極彩色の垂れ幕がはためき
近代的高層ビルなのにてっぺんだけが中国風の屋根になっていたり
広い道路に車が道路交通法クソ食らえ状態で飛ばしていたり
初めてのアジア旅が始まったばかりの私にはもう驚きの連発でした。



inchiki tour top

copyright mipo,All Rights Reserved